本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



—[言論ストロングスタイル]— ◆民主主義を守ると言いながら、民主的手続きをすっ飛ばす もう、そっとしておいてやれと言いたいが、死者を利用して商売したい連中が後を絶たない。 岸田文雄首相は、早々と安倍晋三元首相の国葬を決定した。時間があるのだから、もう少しゆっくり決めれば良かったと思うが……。 外国...
別窓で開く

—[言論ストロングスタイル]— ◆あまりにも盛り上がらない参議院選挙 書くことが無い。あまりにも参議院選挙が盛り上がらないので。しかし、野党第一党党首の泉健太君の今の状況があまりにも忍びないので、書く。結論を一言で書く。泉よ、相談なら乗るぞ! 本来なら、もっと早く相談してくれれば……。 私事だが、立...
別窓で開く

—[言論ストロングスタイル]— ◆岸田文雄首相に「黄金の3年間」が訪れようとしている 日本の運命は参議院選挙で決まる。と認識していない人が多い。政治家ですら認識していない人だらけなのだから、頭が痛い。総理大臣は衆議院選挙で勝っているから、総理大臣をやれている。しかし、参議院選挙で勝たねば何もできない...
別窓で開く

—[言論ストロングスタイル]— ◆参院選、既に与党は「消化試合」の如く、鼻歌交じりだ 参議院選挙が終わるまで絶対に何も決断しないと、断固たる信念で決断している岸田文雄首相。そんな岸田内閣が高支持率だ。民主主義である以上、多数の国民が岸田内閣の存続を望む以上、やむをえまい。ただし、地獄に道連れにされる...
別窓で開く

—[言論ストロングスタイル]— ◆頼む! 普通の資本主義をやってくれ…… 岸田文雄首相が長期政権を築きたいと思っているのは誰の目にも明らかだが、何をしたいのかはさっぱりわからない。ただ岸田首相も、何も実績がないのは恥ずかしいとの自覚はあるようだ。そこで打ち出されたのが「新しい資本主義」だ。 報道では...
別窓で開く

—[言論ストロングスタイル]— ◆岸田外交をそこまで持ち上げていいのか 岸田首相の褒めるべき点は、二つ。一つは、何もやらないことで、支持率を下げないどころか、高支持率なこと。もう一つはマスコミを手なずけていることだ。リベラル色が強いと見られているので朝日が、既得権益の利益代表だと見られているので読売...
別窓で開く

—[言論ストロングスタイル]— ◆危機が喫緊なのに、なぜ「5」年なのか 昭和20年5月、同盟国のドイツは無条件降伏。日本も敗色濃厚だった。心ある人は「ソ連はドイツを倒した。次は日本を滅ぼそうと、既に動き始めた!」と警告していた。しかし、軍と政府の大勢は、「ソ連は秋まで攻めてこない」だった。それどころ...
別窓で開く

—[言論ストロングスタイル]— ◆ウクライナが軍事侵攻された二つの理由 隣国、しかも核保有国が、侵略を始めた。ならば我々の採る方策は一つ。今のうちに備えるのみだ。 なぜウクライナは軍事侵攻されたのか。理由は二つある。一つは、元をたどればソ連崩壊の後、核放棄に合意したからだ。 国際社会の常識は、核を放...
別窓で開く


<前へ1次へ>