本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



—[言論ストロングスタイル]— ◆安倍氏の国葬で世界は弔問外交を求めている 安倍晋三元首相銃殺。痛ましい事件だ。改めて、ご冥福をお祈りする。岸田文雄首相は安倍元首相の国葬儀を決定したが、死してなお国論を二分、休まるところが無いようだ。 安倍氏の葬儀に関し、外国からの問い合わせが殺到しているらしい。各...
別窓で開く

—[言論ストロングスタイル]— ◆隣で核保有国が侵略戦争を行っている状況で「軍事抜きの外交」など論外 我が国の岸田文雄首相は、サミットの後にNATO(北大西洋条約機構)の首脳会議に参加した。選挙中だったにもかかわらず、余裕綽々(よゆうしゃくしゃく)だ。 それはさておき、ウクライナ事変において英米の側...
別窓で開く

—[言論ストロングスタイル]— ◆あまりにも盛り上がらない参議院選挙 書くことが無い。あまりにも参議院選挙が盛り上がらないので。しかし、野党第一党党首の泉健太君の今の状況があまりにも忍びないので、書く。結論を一言で書く。泉よ、相談なら乗るぞ! 本来なら、もっと早く相談してくれれば……。 私事だが、立...
別窓で開く

—[言論ストロングスタイル]— ◆岸田文雄首相に「黄金の3年間」が訪れようとしている 日本の運命は参議院選挙で決まる。と認識していない人が多い。政治家ですら認識していない人だらけなのだから、頭が痛い。総理大臣は衆議院選挙で勝っているから、総理大臣をやれている。しかし、参議院選挙で勝たねば何もできない...
別窓で開く

—[言論ストロングスタイル]— ◆岸田外交をそこまで持ち上げていいのか 岸田首相の褒めるべき点は、二つ。一つは、何もやらないことで、支持率を下げないどころか、高支持率なこと。もう一つはマスコミを手なずけていることだ。リベラル色が強いと見られているので朝日が、既得権益の利益代表だと見られているので読売...
別窓で開く

—[言論ストロングスタイル]— ◆危機が喫緊なのに、なぜ「5」年なのか 昭和20年5月、同盟国のドイツは無条件降伏。日本も敗色濃厚だった。心ある人は「ソ連はドイツを倒した。次は日本を滅ぼそうと、既に動き始めた!」と警告していた。しかし、軍と政府の大勢は、「ソ連は秋まで攻めてこない」だった。それどころ...
別窓で開く

—[言論ストロングスタイル]— ◆ウクライナが軍事侵攻された二つの理由 隣国、しかも核保有国が、侵略を始めた。ならば我々の採る方策は一つ。今のうちに備えるのみだ。 なぜウクライナは軍事侵攻されたのか。理由は二つある。一つは、元をたどればソ連崩壊の後、核放棄に合意したからだ。 国際社会の常識は、核を放...
別窓で開く


<前へ1次へ>