本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。


もしかして


福岡でまた…24年前の「桶川ストーカー殺人事件」が繰り返された(元木昌彦)
(桶川ストーカー事件の被害者・猪野詩織さんの遺影を胸に記者会見する母の京子さんと父の憲一さん(C)共同通信社)【週刊誌からみた「ニッポンの後退」】 ストーカー規制法の成立は写真週刊誌FOCUS記者の「調査報道」がきっかけだった。 1999年10月、女子大生の猪野詩織(当時21)がJR高崎線・桶川駅前...
別窓で開く

人気ユーチューバー、恐怖体験を告白 初めての彼氏が“ストーカー化”「扉をドンドンしてきて…」
 昨年末をもってコンビ活動を無期限休止している人気ユーチューバー「ヴァンゆん」のゆん(28)が4日までに個人YouTubeチャンネルを更新。元カレに“恐怖”を感じた出来事を語る場面があった。 学生時代からの友人とトークする企画。そこで、友人が「ゆんちゃんは、割と変な人と付き合ってた。...
別窓で開く

「『子どもの貧困』を放置すれば社会的損失は40兆円に…」貧困虐待家庭で育った私が“生活保護バッシング”に思うこと
団地住民への差別、生活保護への偏見も…当事者女性が語る“地方の貧困家庭”のリアル「『誰も味方じゃない』と思っていた」 から続く 地方の貧困家庭で育った、ノンフィクションライターのヒオカさん(27)。さらに、幼い頃から父親の暴力を受けて生活を送ってきた。...
別窓で開く

ロッテ担当のアラ還記者が初キャンプ取材で吉井監督に密着 歩数計を手に奮闘の結果は…?
 スポニチ史上最高齢?の58歳で初めてプロ野球担当となったアラ還記者が初めてのキャンプ取材で歩数計を身につけ、ロッテ・吉井理人監督(57)に2日に密着。侍ジャパンの投手コーチも兼任し、精力的に動き回る1歳下の新監督の多忙さを体を張って伝えるはずが…。沖縄・石垣島からアラ還記者のトホホぶりをお届けしま...
別窓で開く

人気ユーチューバーの美人秘書、ストーカー被害で全治2週間のケガ 自宅の前で暴行騒動「待ち伏せされた」
 チャンネル登録者数209万人のユーチューバー・ぷろたん(33)が、3日までに自身のYouTubeチャンネルを更新。美人秘書・やぎさんが、ファンによるストーカー被害を受け、全治2週間のケガを負ったことを報告した。 これまで秘書やぎさんとの動画を頻繁に上げていたぷろたんだが、最近は2人の動画もなく、や...
別窓で開く

ヴァンゆん・ゆん、学生時代の恋愛事情明かす 事務所に「脅迫みたいな」連絡届いた過去も
【モデルプレス=2023/02/03】YouTuberコンビ・ヴァンゆんのゆんが2日、自身のYouTubeチャンネルを更新。学生時代の恋愛事情について明かした。◆ゆん、学生時代の恋愛事情今回ゆんは、学生時代からの親友を招き、質問コーナーを実施。友人は「毎日毎時間休み時間にゆんちゃんに会いに来る、めっ...
別窓で開く

「桶川ストーカー殺人」の民事裁判記録を廃棄…遺族は知らず「怖さと憤り」
 埼玉県桶川市で1999年10月に起きた「桶川ストーカー殺人事件」の被害者遺族が、県警の捜査怠慢があったとして県に損害賠償を求めた民事裁判の記録を、さいたま地裁が廃棄していたことがわかった。事件はストーカー規制法制定のきっかけになったが、同地裁は「保存期間の満了」を理由に2012年2月に廃棄したとい...
別窓で開く

民事記録、地裁が廃棄=埼玉・桶川ストーカー事件
 埼玉県桶川市で1999年、女子大学生の猪野詩織さん=当時(21)=が刺殺された「桶川ストーカー事件」で、両親が県に損害賠償を求めた民事訴訟の記録をさいたま地裁が廃棄していたことが2日、地裁への取材で分かった。記録を事実上永久保存する「特別保存」の対象にはなっておらず、地裁は保存期間満了に伴い、20...
別窓で開く

 新潟市の佐藤耕一市議(66)から繰り返しストーカー行為を受けたなどとして、被害者の女性(43)(新潟市中央区)が、約600万円の損害賠償を求める訴訟を新潟地裁に起こした。提訴は1月31日付。 訴状などによると、女性は2020年から約2年間、佐藤市議が依頼した探偵から行動を監視されたり、佐藤市議に自...
別窓で開く

■「女性のほうも悪かった」と自己弁護ストーカー殺人事件はなぜなくならないのか。2000年にストーカー規制法が成立し、2021年には「EメールやSNSメッセージの連続した送信」や「転送を前提にして空の封筒にGPS機器を入れ、送付して住所を調べる、宅配便を送り受領通知を受けることで行動を把握するといった...
別窓で開く


[ ストーカ ] の関連キーワード

ロッテ