本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



“最低映画賞”ラジー賞ノミネート発表 『ブロンド』が最多8ノミネート
最低映画に贈られるゴールデンラズベリー賞(通称ラジー賞)の第43回となる今年のノミネーションが発表された。最多となったのは、物議を醸したマリリン・モンローの伝記映画『ブロンド』で、8つのノミネートを獲得した。 この賞は、毎年のアカデミー賞発表に先駆けて最低映画を表彰するもので、実力があるにもかかわら...
別窓で開く

ティファニーからダニエル・アーシャムとのコラボによる「ティファニー ロック」コレクションの発表を記念したスカルプチャーとバングルが登場
ティファニーは、コンテンポラリーアーティスト、ダニエル・アーシャムとの新たなコラボレーションを発表いたします。「ティファニー ロック」コレクションの発表を記念したスカルプチャーと限定のバングルが登場いたします。 革新的で卓越したクラフトマンシップ、反逆的な創造性というティファニーとアーシャムが共有す...
別窓で開く

【カタールW杯|B組展望】本命イングランドは組織力に不安が…。アメリカ、ウェールズ、イランにも突破のチャンスは十分にある!
 11月20日に幕を開けるカタール・ワールドカップ。4年に一度の大舞台では、どんな戦いが繰り広げられるか。本稿ではグループごとに出場国の横顔を紹介し、決勝トーナメント進出に向けた争いを展望する。今回はBグループだ。——◆——◆——■イングランド(7大会連続16回目の出場) 戦力的なポテンシャルを考え...
別窓で開く

「採点よりは印象的だったが…」角田裕毅の前半戦を専門メディアが辛口評価。トスト代表は契約延長とレッドブル昇格の可能性に言及
2022年F1世界選手権は13戦を終えた時点で1か月間のサマーブレイクに突入しているが、この期間に各国メディアは前半戦を振り返り、ここまでの各ドライバーへの評価を下している。【関連記事】英専門メディアがF1前半戦の全ドライバーをランク付け! フェルスタッペン、角田裕毅、ガスリー、ルクレールらの評価は...
別窓で開く

英専門メディアがF1前半戦の全ドライバーをランク付け! フェルスタッペン、角田裕毅、ガスリー、ルクレールらの評価は?
2022年のF1世界選手権は全22戦中の13レースを終えたところで、1か月間のサマーブレイクに突入している。 シーズン開幕前には、新レギュレーションの施行によってこれまでの勢力構図に変化が生まれるかどうかが注目されたが、果たせるかな、レッドブルは変わらぬ強さを発揮する一方で、ライバルのメルセデスは、...
別窓で開く

英国GPで“同士討ち”の角田裕毅に海外メディアからは酷評&最低採点も…「ルーキーですらボスからカミナリを落とされるミス」
F1第10戦のイギリス・グランプリは、アルファタウリにとって失意に満ちたものとなった。 この週末はアップデートを持ち込まず、苦戦が予想されていたものの、予選では2台ともにQ2進出を果たし、決勝では最初のスタートではピエール・ガスリーがジョージ・ラッセル(メルセデス)と接触し、角田裕毅はフロントウイン...
別窓で開く

宿敵バルサの贔屓メディアは「説明不可能」と驚愕! マドリーがシティ相手の再びの“ベルナベウの魔法”に反響止まず
現地時間5月4日、チャンピオンズ・リーグ(CL)準決勝のセカンドレグが行なわれ、レアル・マドリーがマンチェスター・シティを延長戦の末に3-1で下し、合計スコア6-5で4シーズンぶり16回目の決勝進出を果たした。...
別窓で開く

合計7発の壮絶な打ち合いを制したマンCがレアル相手にホームで先勝!
チャンピオンズリーグ(CL)の準決勝ファーストレグが26日に行われ、マンチェスター・シティ(イングランド)とレアル・マドリード(スペイン)が対戦した。 初戦をホームで迎えたマンチェスター・Cは、カンセロが出場停止、カイル・ウォーカーが負傷欠場となったことを受け、同じく負傷欠場が心配されたストーンズが...
別窓で開く

ティファニーがブランドが所蔵する400点以上のアーカイブ品を展示するブランドエキシビション「Vision & Virtuosity」をロンドンで開催
ティファニーは、ブランドが所蔵する400点以上のアーカイブ品を展示するブランドエキシビション「Vision & Virtuosity(ヴィジョン & ヴァーチュオシティ)」を、ロンドンのサーチ・ギャラリーで開催いたします。...
別窓で開く

『2012年ウインブルドンからロンドン五輪までの4週間』が元王者アンディ・マリーのテニス人生を激変させた!【シリーズ/ターニングポイント】
トップ選手には世界へと駆け上がる過程で転機となった試合や出来事があるものだ。このシリーズでは国内外のテニスツアーを取材して回るライターの内田暁氏が、選手自身から「ターニングポイント」を聞き出し、心に残る思いに迫る。今回はイギリスの元世界1位アンディ・マリーだ。...
別窓で開く


<前へ12次へ>