本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



絶好調ウォリアーズの“強さの秘密”。「僕らのアイデンティティはディフェンス」とカリーも自信<DUNKSHOOT>
ゴールデンステイト・ウォリアーズは今季、ここまで1試合を除いて不動の先発陣で試合に臨んでおり、11選手が平均14.0分以上のプレータイムを記録する層の厚いチームと化している。 平均2桁得点はステフィン・カリー(平均28.2点)、アンドリュー・ウィギンズ(同19.1点)、ジョーダン・プール(同18.3...
別窓で開く

「今のNBAで最も支配的な選手」パーキンスがアデトクンボを称賛!将来的には“シャック超え”も<DUNKSHOOT>
ミルウォーキー・バックスのヤニス・アデトクンボは2019、20年に史上12人目となる2年連続シーズンMVPに輝くなど、現代屈指のオールラウンダーとして名を馳せていたが、昨季念願のリーグ優勝を果たしたことで、その評価は一層上がった。元NBA選手のケンドリック・パーキンスは将来的に「支配力歴代No.1」...
別窓で開く

3年ぶりの復帰に向けてトンプソンが決意表明!「世界のベストプレーヤーの1人だった自分として戻りたい」<DUNKSHOOT>
ゴールデンステイト・ウォリアーズは現地時間11月23日(日本時間24日)を終えた時点で、リーグベストの15勝2敗(勝率88.2%)を残しており、平均得失点差でもトップの+13.1と、他チームを圧倒し続けている。 そしてこの日、クレイ・トンプソンがフルメニューのチーム練習へ参加。...
別窓で開く

カリーとデュラントはどちらが上?名物コメンテーターは「ステフの方が優れたリーダー」とカリーの優位を主張<DUNKSHOOT>
ステフィン・カリーとケビン・デュラント。2021−22シーズンのNBAの序盤戦は、この2人が話題の中心にいると言っていいだろう。 カリー率いるゴールデンステイト・ウォリアーズは現在15勝2敗(勝率88.2%)で、リーグ首位を快走。デュラントを擁するブルックリン・ネッツも12勝5敗(勝率70.6%)で...
別窓で開く

「自分がレジェンドだと思ったことはない」謙虚なスター、ノビツキーが築いた偉大なキャリア<DUNKSHOOT>
トレードや解雇が目まぐるしく繰り返されるNBAで、21年間にわたり同じフランチャイズでプレーを続けるというのは、相当に特別なことである。それを実現したのが、1998−99シーズンにNBA入りし、2018−19シーズンに引退するまでダラス・マーベリックス一筋でキャリアをまっとうしたダーク・ノビツキーだ...
別窓で開く

代表格はレジェンドのアリジンと現役のラウリー!ビラノバ大の歴代ベストメンバーを選定<DUNKSHOOT>
1910年に創設され、NBA(1946年)より古い歴史を持つNCAA(全米大学体育協会)は、プロを目指す若手選手たちにとってNBA入りの“王道ルート”であり、時代を問わず何人ものスーパースターをNBAに送り出してきた。 では、カレッジとNBAで実績を残した選手を対象に、大学別...
別窓で開く

「レブロンはもう最後のタイトルを獲得している」名物コメンテーターが“キング”の今後を辛口予想<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズは今季序盤戦、思わぬ故障続きでわずか6試合しか出場していない。今年12月に37歳の誕生日を迎えるなか、名物コメンテーターは、レブロンは残りのキャリアで優勝できないと辛口予想している。 昨季プレーオフであっけなく1回戦負けを喫し、リベンジを期していたレブロ...
別窓で開く

“仮想ファイナル”を制したウォリアーズ。指揮官はデュラントを封じたグリーンを称賛!「あれ以上の仕事はできない」<DUNKSHOOT>
11月16日(日本時間17日、日付は以下同)にバークレイズ・センターで行なわれたゴールデンステイト・ウォリアーズとブルックリン・ネッツによる大注目の一戦は、117-99でウォリアーズに軍配が上がった。 ネッツはジェームズ・ハーデンが24得点、4アシストを残すも、今季平均28.9点でリーグトップを誇る...
別窓で開く

終始ブーイングも…オクラホマシティ凱旋のデュラントがサンダー時代を回顧。ハーデンのトレードは「クレイジー」<DUNKSHOOT>
現地時間11月14日(日本時間15日、日付は以下同)、ブルックリン・ネッツが敵地ペイコム・センターに乗り込み、オクラホマシティ・サンダーと対戦。120−96で快勝を収めた。 ここまで平均29.4点をマークし、得点王レースのトップに君臨するケビン・デュラントは、この日もフィールドゴール成功率52.9%...
別窓で開く

来秋に日本で試合開催か? ウォリアーズが楽天とのパートナーシップ契約を延長<DUNKSHOOT>
11月12日(現地時間)、ゴールデンステイト・ウォリアーズと楽天株式会社(以降、楽天)がパートナーシップ契約を延長したと『PR Newswire』が報じた。 契約期間こそ公表されていないものの、2017年9月にパートナーシップ契約を結んだ両者の関係は少なくとも来季も継続され、ウォリアーズのユニフォー...
別窓で開く


[ スティーブ dunkshoot ] の関連キーワード

dunkshoot トンプソン オクラホマ クレイジ レブロン
キング