本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「ここのホスピタリティは最高なんだ」カーHCが日本の“おもてなし”を称賛!「おそらく世界1位だ」<DUNKSHOOT>
2022−23シーズンの開幕を約3週間後に控えた9月28日、ゴールデンステイト・ウォリアーズが、ワシントン・ウィザーズとのジャパンゲームズで来日を果たした。  2014年からチームで指揮を執り、昨季チームを4年ぶり7度目の優勝に導いたスティーブ・カーHC(ヘッドコーチ)とフォワードのドレイモンド・グ...
別窓で開く

コロナ禍で、経営危機に直面した企業と価値を高めた企業は、どこに違いがあったのか。経営コンサルタントのフレッド・ライクヘルド氏は「想定外の危機に強いのは、明確な存在意義を持つ組織だ。なかでも『顧客の生活を豊かにすること』を1番に掲げることが成功する上で重要だが、実践できる経営者は全体の1割に過ぎない」...
別窓で開く

ほぼすべての先進国では少子化が進んでいる。とりわけ大都市ほど深刻だ。大阪大学大学院の山本和博教授は「都市部ではレストランやアパレルなど魅力的な消費財が多く、所得の価値が高い。このため結婚や出産よりも、所得を増やそうとする人が増えてしまう」という——。(第2回/全2回)※本稿は、山本和博『大都市はどう...
別窓で開く

本人の願いも虚しくカリーを強行指名したウォリアーズと“本気度”の差で“大魚”を逃したニックス【NBA秘話・後編】<DUNKSHOOT>
■カリー本人の願いも虚しく、ウォリアーズが指名を強行 2009年のNBAドラフトはニューヨークのマディソンスクエア・ガーデン内にあるザ・シアターで開催された。選手たちは本番2日前にニューヨーク入りし、日中はメディアへの対応や各種イベントに時間を費やした。ドラフトには16人の選手が招待され、2日間ほと...
別窓で開く

ステフィン・カリー——ウォリアーズの“象徴”となった男が、プロ入り時にニックス行きを望んだ理由【NBA秘話・前編】<DUNKSHOOT>
昨季までの現役13年の間に、レギュラーシーズンMVP2回、ファイナルMVP1回、得点王2回、優勝4回と数々の金字塔を打ち立ててきたステフィン・カリー。今や“ウォリアーズの象徴”と言っても過言ではない存在だが、大学時代の彼には意中のチームが別にあった。 その球団はニックス。...
別窓で開く

村上春樹、ノーベル文学賞受賞者予想ランキングで9位—中国メディア
2022年9月27日、新浪新聞などの中国メディアは、来月6日に発表が予定されている今年のノーベル文学賞について、英国のブックメーカーが公開した受賞者予想ランキングで日本の村上春樹氏が9位に入っていることを伝えた。...
別窓で開く

「南野は空回りしていた」「屈強なる長友」海外記者がエクアドル戦に出場した森保ジャパン全17選手を独自採点!
 現地9月26日、ドイツ・デュッセルドルフで日本代表はエクアドル代表との親善試合に臨み、0−0で引き分けた。快勝を収めたアメリカ戦からスタメンを全員入れ替えたチャレンジの一戦。オーストラリア・アデレード出身で、現在サッカーダイジェスト海外編集部員のスティーブン・トムソン記者が、エクアドル戦に出場した...
別窓で開く

「今のチームから入れるのはせいぜい1人か2人」英代表OBが勝てない後輩たちを黄金世代と比較!サウスゲイト監督は擁護
 現地時間9月26日に行なわれたネーションズリーグの第6節で、イングランドは聖地ウェンブリーでドイツと対戦。0−2から追いつくと、83分にハリー・ケインがPKで逆転弾を奪うも、87分にカイ・ハベルツに痛恨の同点弾を許し、3−3のドローで終わった。これで1993年以来最長の6戦未勝利となった。...
別窓で開く

教養はすぐに役に立つものではない。ところが、即効性のある「ファスト教養」を求める人たちが増えている。ライター・ブロガーのレジーさんは「残念なことに、ビジネスマンにとっての教養は『ビジネスシーンで話を合わせるためのツール』になってしまっている。それは教養ではないし、役に立つこともないだろう」という——...
別窓で開く

【荒涼とした大地に生きる警部の活躍を描く】究極のクローズド・サークル・ミステリー『シェトランド』の魅力とは?
スコットランド北部に広がるシェトランド諸島を舞台に、ジミー・ペレス警部が鋭い直観と捜査能力で難事件解決に挑む『シェトランド』。イギリス本土からも離れたこの閉鎖的なコミュニティで巻き起こる数々の事件では、被害者も、容疑者も、事件関係者も全員顔見知りという究極のクローズド・サークル・ミステリーが楽し...
別窓で開く