本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



胃から63本のスプーンが摘出された男性、「無理やり食べさせられた」と主張(印)
インドに住む32歳の男性の胃から、63本のスプーンが摘出された。男性は「スプーンを無理やり食べさせられた」と主張しているが、担当医は男性が摂食障害の一つである「異食症」の可能性であることを指摘している。『Times of India』などが伝えた。...
別窓で開く

ステフィン・カリー——ウォリアーズの“象徴”となった男が、プロ入り時にニックス行きを望んだ理由【NBA秘話・前編】<DUNKSHOOT>
昨季までの現役13年の間に、レギュラーシーズンMVP2回、ファイナルMVP1回、得点王2回、優勝4回と数々の金字塔を打ち立ててきたステフィン・カリー。今や“ウォリアーズの象徴”と言っても過言ではない存在だが、大学時代の彼には意中のチームが別にあった。 その球団はニックス。...
別窓で開く

ドンチッチが“スーパースター補強案”を否定「僕はそうは思わない。僕らは最高のチームなんだ」<DUNKSHOOT>
現地時間9月22日、ダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチが米国スポーツ専門局『ESPN』の番組『NBA Today』に出演。自軍への想いを語った。 昨季にマブズを11年ぶりのカンファレンス・ファイナルへ導いた23歳のスーパースターは、今夏スロベニア代表のエースとしてFIBAユーロバスケット(欧州...
別窓で開く

「最高の時間を過ごせた」。シモンズが古巣シクサーズ時代を懐かしむ「今でもフィリーの一部のような気がしている」<DUNKSHOOT>
現地時間9月21日、元NBA選手JJ・レディック(元ロサンゼルス・クリッパーズほか)らがホスト役を務める人気ポッドキャスト番組『The Old Man & The Three』の予告映像がツイッターで公開された。 翌22日にYouTubeなどでフルバージョンが解禁となる今回のゲストは、ブルッ...
別窓で開く

河村勇輝の相棒アウダ、A東京のサイズらBリーグ戦士も参戦、小国ベルギー、フィンランドの奮闘【ユーロバスケット2022総括Part.3】<DUNKSHOOT>
チェコ、ジョージア、ドイツ、イタリアの4か国で9月1日から18日まで行なわれたユーロバスケット2022は、スペインが優勝。フランスが銀メダル、ホスト国のドイツが銅メダルを獲得して、大盛況のうちに幕を閉じた。 ここでは、この大会の総括として、今回のユーロバスケットを通しての注目トピックスを紹介する。...
別窓で開く

「IQはアインシュタイン級」のジョーダン、堅実なストックトン&ダンカンーー優れた頭脳を持つ“ベストIQチーム”を厳選<DUNKSHOOT>
近年のNBAはポジションレス化が進行し、選手には多様性とともにバスケットボールIQの高さも重要視されるようになった。 もっとも、“バスケットボールIQ”という用語に厳密な定義はない。状況に応じて正しいプレーを選択でき、ボーンヘッドを犯さない選手、といったところか。...
別窓で開く

【ユーロバスケット2022】決勝戦はフランスvsスペイン!直近5大会で4度頂点に立つ両雄が11年ぶりに頂上決戦で激突<DUNKSHOOT>
9月16日、FIBAユーロバスケット(欧州選手権)2022は準決勝を迎え、ドイツのベルリンで2試合が開催された。 第1戦はホームのドイツ代表とスペイン代表が激突。この日ロサンゼルス・レイカーズとの契約が発表されたデニス・シュルーダーが、ゲームハイの30得点、8アシストの大暴れで地元チームを引っ張り、...
別窓で開く

ロンジン マスターコレクションにクラフトマンシップを極めた190周年記念限定モデルが登場
本拠地スイス・サンティミエにて1832年から絶えることなく時計作りを続けてきたロンジン。その歴史は今年で190周年を数えます。1867年に初の自社工場を建てたEs Longinesと呼ばれる場所にちなみ名づけられたこのブランドは、その後絶え間なく時計製造においての挑戦と革新を重ねてきました。...
別窓で開く

【ユーロバスケット2022】ドンチッチ擁するスロベニアを撃破!“シンデレラチーム”ポーランドの勢いはどこまで続くか<DUNKSHOOT>
9月14日に行なわれたFIBAユーロバスケット(欧州選手権)2022の準々決勝。2017年に続く大会2連覇を目指して臨んだスロベニアはポーランドと激突した。「ほとんどの人たちが僕らのことを優勢だと見ていた」とルカ・ドンチッチが話した通り、戦前はスロベニアに分があると思われた。しかし終わってみればポー...
別窓で開く

【ユーロバスケット2022】フランスが連日の大逆転劇で4強入り!2戦連続で“残り数秒2点ビハインド”から奇跡の生還<DUNKSHOOT>
長丁場のトーナメントでは、必ずこういう不思議な試合が1つか2つ訪れる。 9月14日に行なわれたユーロバスケット2022。準々決勝のフランス対イタリア戦は、まさにそのような一戦だった。 前半はフランスがリードするも、後半に追いつかれて逆転を許し、2点ビハインドで迎えた残り数秒で相手にファウルを与えて万...
別窓で開く