本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



台湾有事はすぐ目の前!?   アメリカvs中国「空母決戦」を徹底シュミレーション!!
ペロシ米下院議長の台湾訪問を受け、激怒した中国が軍事演習を開始した。これに対抗するように米軍はフィリピン海に空母艦隊を派遣。空母「ロナルド・レーガン」(戦闘機FA18各種五個飛行隊計55機)、強襲揚陸艦「トリポリ」(通称ライトニング空母、F35B、20機)、ミサイル巡洋艦「アンティータム」、駆逐艦「...
別窓で開く

空自の次期戦闘機、イギリスと共通機体で開発…輸出視野に防衛装備移転3原則の改定検討
 日英両政府は航空自衛隊と英空軍の次期戦闘機について、双方の開発計画を統合し、共通機体を共同開発する方向で最終調整に入った。次期戦闘機に求める性能がほぼ一致していることに加え、開発費の抑制が図れると判断した。日本政府は完成品の海外輸出を念頭に、防衛装備移転3原則の...
別窓で開く

徳光和夫、横浜DeNAの逆転優勝は「あるかも」と予想 西鉄球団の思い出も
13日放送の『徳光和夫 とくモリ!歌謡サタデー』(ニッポン放送)で、徳光和夫が首位東京ヤクルトスワローズに6ゲーム差の2位に迫った横浜DeNAベイスターズの「優勝の可能性」について語った。■DeNAがヤクルトを猛追番組はベイスターズが12日に行われたスワローズ戦に勝利し、7月4日時点で17.5あった...
別窓で開く

大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ
(こんなシーンばかりが目立つ大坂(C)Arlyn McAdorey/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ)武田薫【スポーツ時々放談】 盛り上がりに欠く女子テニスに追い打ちをかけるニュースが流れた。 セリーナ・ウィリアムズが今月末に始まる全米後の引退を示唆した。4大大会通算23勝、女王の...
別窓で開く

ペニオク詐欺事件から10年、菜々緒はなぜ勝ち組に? 姿を消した芸能人との差は
2012年、当時の芸能界を震撼させた事件が、「ペニーオークション詐欺事件」(通称「ペニオク詐欺事件」)である。 これは同年12月、参加者が入札しても落札できない仕組みのペニーオークションサイト(入札手数料オークション)を運営していた運営サイト経営者4人が詐欺罪などで逮捕された事件で、逮捕と同時に数人...
別窓で開く

アイアン部門3位の『ゼクシオ12』は、意外とコスパが良い!?【アイアン売り上げランキング】
ゴルフクラブは全体的に価格高騰が続いており、アイアンセットで購入する場合は10万円以上になってしまうモデルがほとんど。そんな中、二木ゴルフ南町田店の原田聡さんに、コストパフォーマンスが高いアイアンについて聞いてみた。「意外に思われるかもしれませんが、『ゼクシオ 12』はコスパが良いと思います。...
別窓で開く

“100年乗っても大丈夫”になるか? F-15「イーグル」初飛行から50年 ご長寿のワケ
航空自衛隊も運用するF-15「イーグル」戦闘機が初飛行からちょうど50年の節目を迎えました。なぜそれほどご長寿なのか。その秘訣は「元の設計がよかったから」もありますが、アメリカの置かれた状況も関係しています。余裕ある機体サイズと大出力エンジンが名機の証 マクドネル・ダグラス(現ボーイング)が開発した...
別窓で開く

発売から約2年の『G425』が、UT部門で一番売れている理由は?【UT売り上げランキング】
2020年の9月に発売されたピンの『G425』は、発売から2年近く経過した現在でも、ドライバー部門では4位、フェアウェイウッド部門では2位、そしてユーティリティ部門では1位と、その人気に衰えが見えない。今年発売の『ステルス』や『ローグST』が大きな話題を集めるなか、『G425』はなぜ売れ続けているの...
別窓で開く

2022年の年明けから怒涛のように始まった食品値上げ。その波は収まるところを知らず、2回目となる価格改定や内容量改定(いわゆる「ステルス値上げ」)に踏み切る企業も出てきた。山崎製パン、敷島製パン、フジパンなど製パンメーカーは1月の値上げに続き7月に値上げを行う。日本ハム、伊藤ハムは2・3月に続き10...
別窓で開く

「虫は絶対イヤ!」キャンプ、ガーデニング【ワークマン人気虫対策ウェア】で完全防備
キャンプやガーデニングなど、密を回避しながら楽しめるアウトドアに注目が集まる今、「虫が苦手でなかなか手を出せない…」という声も多いです。今回はそんな虫嫌いの人にぜひ試してみてほしい、ワークマンの虫対策グッズをピックアップ。防虫加工を施したメッシュアノラックなど、公式オンラインストアでもレビュー評価の...
別窓で開く


[ ステルス ] の関連キーワード

ワークマン キャンプ イギリス アメリカ なおみ