本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



伊藤健太郎と堕ちていく主人公が重なる…文学的映画が本格復帰にふさわし過ぎる理由
状況に流されていく青年を描いた現代劇。阪本順治監督の「冬薔薇」は伊藤健太郎の本格復帰作であり、それにふさわし過ぎる内容だった。◆どん詰まりになって堕ちていく主人公舞台は横須賀。主人公・渡口淳(伊藤)の父・義一(小林薫)はガット船の船長として働いている。ガット船とは土砂や砂利(じゃり)などの工事用資材...
別窓で開く


<前へ1次へ>