本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ウクライナ復興で宣言採択=40カ国が支援、資金確保に課題—国際会議閉幕
 【パリ時事】ロシアの侵攻を受けるウクライナの復興策を協議するため、スイス南部ルガノで2日間の日程で開かれた国際会議が5日、復興に向けた行動の原則を盛り込んだ「ルガノ宣言」を採択して閉幕した。会議には日米欧を含む約40カ国と、欧州連合(EU)や北大西洋条約機構(NATO)などが参加。...
別窓で開く

ウクライナ復興で国際会議=ゼレンスキー氏、支援呼び掛け—日米欧40カ国参加、再建計画公表
 【パリ時事】ロシアの軍事侵攻が続くウクライナの復興について話し合う国際会議が4日、スイス南部ルガノで始まった。日米欧など約40カ国に加え、欧州連合(EU)や北大西洋条約機構(NATO)などの国際機関が参加。5日に閉幕する。 開幕式にはウクライナのゼレンスキー大統領もオンラインで参加した。...
別窓で開く

プーチンと習近平 2人を結び付ける「源泉」はどこにあるのか
青山学院大学客員教授でジャーナリストの峯村健司が6月15日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。今後連載される週刊誌の企画を通して「ポストウクライナ戦争」について解説した。...
別窓で開く

破壊工作の工作員候補としてKGBがリクルートしたい人材とは?
ロシアによるウクライナ侵攻のニュースで、改めて注目されたのがプーチン大統領が元KGBの諜報員だったという経歴だ。現在、ロシアとNATO諸国が衝突する危険性もあるが、20世紀の最重要史料のひとつ「ミトロヒン文書」から、評論家・江崎道朗氏の調査担当を務める山内智恵子氏が、ソ連時代のKGBが立てていた破壊...
別窓で開く

錨を揚げた“ユン印の外交安保”…日本・中国・北朝鮮コントロールが最大の課題=韓国報道
韓国の全国同時地方選挙で勝機をつかんだユン・ソギョル(尹錫悦)政府の本格的な外交戦が繰り広げられる。まず、今月末に予定されている北大西洋条約機構(NATO)首脳会議で多国間外交戦に乗り出す予定だ。北朝鮮の核への対応力が試される中、日本との関係改善、中国との関係再確立など外交戦略が最大の課題だ。...
別窓で開く

スウェーデンとフィンランドのNATO加盟申請が「ウクライナとロシアの和平交渉」にどう影響するか
アジア・パシフィック・イニシアティブ主任研究員の相良祥之が5月19日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。米ホワイトハウスでのスウェーデン・アンデション首相、フィンランド・ニーニスト大統領の両首脳とバイデン大統領の会談について解説した。...
別窓で開く

台湾有事の際、アメリカは日本を守ってくれるのか
ジャーナリストの佐々木俊尚が5月18日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ロシアによるウクライナ侵攻によって変化する各国の安全保障について解説した。...
別窓で開く

スウェーデンとフィンランドの「NATO加盟申請」はロシアの「オウンゴール」
経済アナリストのジョセフ・クラフトが5月17日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。スウェーデンとフィンランドのNATO加盟申請について解説した。...
別窓で開く

民主主義ながらソ連批判がタブーとされたフィンランド  その特異な立ち位置
二松学舎大学国際政治経済学部・准教授の合六強が5月10日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。フィンランド・マリン首相の来日について解説した。ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」フィンランドのマリン首相が来日フィンランドのマリン首相が5月10日に来日した。...
別窓で開く

「戦争宣言」することで「ウクライナ以外の国」への侵攻も可能になる怖さ
ジャーナリストの須田慎一郎が5月2日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。5月9日の「対独戦勝記念日」後のウクライナに対するロシアの戦闘について解説した。...
別窓で開く



<前へ1234次へ>