本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



28カ国で同時多発的な感染を確認…「サル痘」世界的流行への違和感
 アフリカの一部の国での風土病だった「サル痘」の感染が、突然それ以外の28カ国で確認された。しかも5月7日の英国での報告から6月2日までの短期間で、だ。ところが、世界保健機関(WHО)は「ウイルスのさらなる拡大が起こる恐れが高い」としながらも、「入院に至るケースは少なく感染が世界的に広がるリスクは中...
別窓で開く

【解説】OECD加盟国と比較した韓国の人的資源競争力…課題多く
韓国の職業と教育間のマッチング度がOECD加盟国では最下位にあることが分かった。その一方で職業訓練など人的資源開発に対する投資比重は低く、直接雇用創出に投入される予算比重もOECD加盟国の3倍の水準に達することが分かった。日本の経団連に相当する全国経済人連合会(全経連)は9日、「OECD国家と韓国間...
別窓で開く

ロシアによるウクライナ侵攻から3カ月がたったが、いまだに戦争終結のシナリオは描けない。プーチンは当初、数日で首都キーウを占領し、ゼレンスキー大統領を逮捕したうえで傀儡政権を樹立できると考えていたとされる。これが戦略的な大失態であることが明らかになって、いまは東部のドンバス地方に兵力を集め、支配地域の...
別窓で開く

白馬村に“ととのう”グランピング施設登場
◆フィンランドサウナが楽しめる“ととのう”グランピングスポット、From Pが白馬村にオ—プン!【長野県・白馬村】2022年3月1日、100以上の歴史を有する国際マウンテンリゾートとして知られる長野県北安曇郡白馬村に、このエリア初のプライベートサウナが堪能できるグランピング施設「From P」がオー...
別窓で開く

スウェーデンとフィンランドのNATO加盟申請が「ウクライナとロシアの和平交渉」にどう影響するか
アジア・パシフィック・イニシアティブ主任研究員の相良祥之が5月19日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。米ホワイトハウスでのスウェーデン・アンデション首相、フィンランド・ニーニスト大統領の両首脳とバイデン大統領の会談について解説した。...
別窓で開く

台湾有事の際、アメリカは日本を守ってくれるのか
ジャーナリストの佐々木俊尚が5月18日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ロシアによるウクライナ侵攻によって変化する各国の安全保障について解説した。...
別窓で開く

スウェーデンとフィンランドの「NATO加盟申請」はロシアの「オウンゴール」
経済アナリストのジョセフ・クラフトが5月17日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。スウェーデンとフィンランドのNATO加盟申請について解説した。...
別窓で開く

民主主義ながらソ連批判がタブーとされたフィンランド  その特異な立ち位置
二松学舎大学国際政治経済学部・准教授の合六強が5月10日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。フィンランド・マリン首相の来日について解説した。ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」フィンランドのマリン首相が来日フィンランドのマリン首相が5月10日に来日した。...
別窓で開く

「戦争宣言」することで「ウクライナ以外の国」への侵攻も可能になる怖さ
ジャーナリストの須田慎一郎が5月2日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。5月9日の「対独戦勝記念日」後のウクライナに対するロシアの戦闘について解説した。...
別窓で開く

カーリングミックスダブルス世界選手権で日本代表が示した可能性。それを今後、どう生かしていくべきか
 スイス・ジュネーブで行なわれたカーリングのミックスダブルス世界選手権は、スコットランドの全勝優勝で幕を閉じた。 日本代表の松村千秋(中部電力)と谷田康真(北海道コンサドーレ札幌)は、初戦で北京五輪王者のイタリア、続く2戦目には近年力をつけてきたエストニアと対戦。...
別窓で開く


[ スイス フィンランド ] の関連キーワード

スウェーデン フィンランド ウクライナ nato oecd
アメリカ ロシア

<前へ1234567次へ>