本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



“帝王”フェデラーがついにウインブルドンを欠場!プロデビューからの連続出場数が「22」で止まった偉才が描く青写真<SMASH>
テニス四大大会の一つである「ウインブルドン」(イギリス・ロンドン)が6月27日(月)に開幕するが、そのコートには1999年から2021年までの全22大会全てに出場し、優勝8回・準優勝4回を誇る“芝の帝王”ロジャー・フェデラー(スイス)の姿はない。...
別窓で開く

最新FIFAランキングが発表! 日本は24位にランクダウン。W杯対戦国スペインは6位、ドイツ11位、コスタリカ34位
 国際サッカー連盟(FIFA)は現地時間6月23日、最新のFIFA世界ランキングを発表した。日本は前回の23位から1つ順位を落とし、24位となっている。 11月に開催を控えるカタール・ワールドカップの組み合わせ抽選会が実施されて以来、初となるランキング発表となった今回、1位は前回と変わらずブラジル、...
別窓で開く

W杯組み合わせ抽選会以降初のFIFAランキング発表! 日本は24位でブラジルが変わらず1位
国際サッカー連盟(FIFA)は23日、最新のFIFAランキングを発表した。 2022FIFAワールドカップ・カタール大会のグループステージの組み合わせ抽選会実施以降、初となるランキング発表となった今回。1位は3月から変わらずブラジルが守った。2位のベルギーも変動は無く、3位にはアルゼンチンが浮上。...
別窓で開く

ダニエル太郎はバウティスタアグート、土居美咲はミネンと今夜対戦【6月19日からの大会・放映・配信予定】<SMASH>
6月19日からの週は、男女とも2大会ずつ開催されている。 日本人男子選手は、ダニエル太郎が「マヨルカ選手権」の予選を勝ち上がり、今夜行なわれる1回戦でロベルト・バウティスタアグート(スペイン)と対戦する。両者は2018年の「スイス・オープン」の準々決勝で対戦しており、その時はバウティスタアグートが勝...
別窓で開く

「エムバペはEUROの後、フランス代表でプレーしたくないと言った」仏連盟会長の衝撃発言に“怪物”が怒りの反論!「僕は人種差別のせいだと…」
 自身の思いとは違うコメントに不快感を露わにした。 フランス・サッカー連盟のノエル・ル・グラエ会長が現地6月19日付けのフランス紙『Le Journal du Dimanche』で、昨夏に行なわれたEURO2020のラウンド・オブ16でスイスにPK戦で敗れた後、「エムバペがもうフランス代表でプレーし...
別窓で開く

アーセナルMFに対する警告をめぐり賭博疑惑が浮上…捜査継続も選手は関与なしか
アーセナル所属のスイス代表MFグラニト・ジャカのプレーをめぐって、賭博が行われた可能性があるようだ。18日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。 現在29歳のジャカは、2016年夏にボルシアMG(ドイツ)からアーセナルに加入。中盤の主軸としてここまで公式戦250試合に出場し14ゴール22アシストを記録...
別窓で開く

坂東彌十郎 感動させるために“ポンコツオヤジ”の挑戦続く 大河「鎌倉殿…」で主人公の父・北条時政役
 【俺の顔】大きな体から湧き上がる「ガハハ」という豪快な笑い声が心地よい。歌舞伎俳優の坂東彌十郎(66)だ。NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(日曜後8・00)では小栗旬(39)演じる北条義時の父・北条時政を熱演中。おちゃめな「父上」役がどハマりし、その顔と名前がお茶の間に浸透した。約50年に及ぶ役...
別窓で開く

AIがW杯出場国の優勝確率を予測! 本命は前回大会王者フランス、日本は?
データサイト『OPTA』が最新のAI技術から算出されたデータをもとに、FIFAワールドカップカタール2022出場国の優勝確率を紹介している。 FIFAワールドカップカタール2022・大陸間プレーオフが14日に行われ、コスタリカ代表とニュージーランド代表が対戦。コスタリカが1−0でニュージーランドを下...
別窓で開く

俊才アルカラスが四大大会初Vに自信。経験値の少ないウインブルドンでも「優勝できる可能性はある」<SMASH>
テニス四大大会「ウインブルドン」(6月27日〜7月10日/イギリス・ロンドン/グラスコート/グランドスラム)の開幕を目前に控えるなか、今季だけでATPツアー4勝を挙げている注目のカルロス・アルカラス(スペイン/世界ランク7位)が母国スペインのメディア『EFE』のインタビューに登場。同大会でのグランド...
別窓で開く

米国の投資額は1兆円 それに対し日本は? 国産ワクチン開発を阻んだ“2つのトラウマ”
 今月15日、政府の有識者会議が、新型コロナウイルス感染症への対応について検証した報告書をまとめた。緊急時の医療体制の整備に対する問題提起などとともに、国産ワクチンの実用化が進まなかった背景に「平素の疫学研究や臨床研究の体制が整備されていないこと」を指摘。「基礎研究を含む研究環境の整備」を求めている...
別窓で開く