本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



中国は何がなんでもゼロコロナ 習近平が異常なまでにこだわる特別な事情とは
 中国の上海市は、新型コロナの感染拡大のため3月28日から一部地域でロックダウン(都市封鎖)を始めた。4月1日から封鎖エリアを市全域に広げ、以来、2500万人の市民は自宅から出られないという異常な事態が続いている。多くの国は“ウィズコロナ”に移行しているのに、何故中国はそこまで“ゼロコロナ”に拘るの...
別窓で開く

鹿島、ヴァイラー監督がチームに早期合流…当初発表の15日から13日に前倒し
鹿島アントラーズは13日、レネ・ヴァイラー監督のチーム合流スケジュールが変更となったことをクラブ公式サイトで発表した。 鹿島のクラブ公式サイトによる発表は、以下のとおり。...
別窓で開く

新学期を来月に控え「5歳から11歳の小児に対するワクチン接種を急ぐ」 = 韓国
オミクロン株の感染拡大により、新型コロナウイルスの感染者が17万人を突破した。(23日午前0時基準) このうち、ワクチン接種率の低い10代以下の小児は、5万人に迫り、全体の4分の1を占めている。これについて韓国政府は、小児の感染拡大が深刻であると判断し、23日、食品医薬品安全処(食薬処)が許可した小...
別窓で開く

新たな日銀の審議委員に「リフレ派」を
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(2月14日放送)に元内閣官房参与で前駐スイス大使の本田悦朗が出演。日銀の審議委員の人事について解説した。金融政策決定会合を終え、記者会見する日銀の黒田東彦総裁(くろだ・はるひこ)=2021年12月17日午後、東京・日本橋本石町の日銀本店 写真提供:...
別窓で開く

主将の重責から解き放たれた三竿健斗、“らしい”スタイルで常勝・鹿島復活の原動力に
ベルギーの名門アンデルレヒトやエジプトのアル・アハリなどで手腕を振るったスイス人指揮官、レネ・ヴァイラー監督率いる新体制で、2022年シーズン開幕に向けて調整を続けている鹿島アントラーズ。 4日には宮崎キャンプを打ち上げ、本拠地に戻ったが、オミクロン株拡大による新規外国人入国停止措置の影響で新指揮官...
別窓で開く

スイス、オミクロン拡散の中「制限措置の緩和」始める=韓国報道
ヨーロッパの一部の国々が新型コロナウイルス感染症“オミクロン株”の拡散にも防疫のハードルを下げている中、スイスも制限措置の緩和を始める。2日(現地時間)ロイター通信によると、スイス連邦政府は記者会見を開き、3日から濃厚接触者の隔離・在宅勤務措置を解除することを明らかにした。...
別窓で開く

台湾選手団「北京冬季五輪開幕式出席」順序は香港の次か?=韓国報道
台湾選手団が立場を変え、2022北京冬季五輪の開閉式に参加することになった。台湾選手団は、開催国のアルファベット順に応じ、香港の次に入場するとみられる。1日、台湾中央通信によると、台湾オリンピック組織委員会は「体育署と協議を通じて計画を調整、冬季五輪開閉式に選手団を送ることにした」と明らかにした。...
別窓で開く

5〜11歳もワクチン接種検討「2月中に接種計画をまとめる」=韓国
韓国政府が5〜11歳の子供に対する新型コロナウイルスのワクチン接種計画を2月中にまとめる。さらに既存のワクチンの副反応への懸念も接種をためらっていた成人の未接種者には副作用の懸念が少ないノバックス製ワクチンを接種する計画だ。14日、政府が中央災難(災害)安全対策本部の定例ブリーフィングで発表した「持...
別窓で開く

全米女王の19歳ラドゥカヌが新型コロナ陽性でエキジビ欠場を発表「すぐに復帰できることを願っています」<SMASH>
現地12月16日に開催されるエキジビションマッチ「ムバダラ・ワールド・テニス・チャンピオンシップ」(アラブ首長国連邦・アブダビ/ハードコート)への出場を予定していた女子テニス世界ランク19位のエマ・ラドゥカヌ(イギリス/19歳)が新型コロナウイルスの陽性反応を示したため、エキジビションの欠場が明らか...
別窓で開く

WHO「オミクロン株関連の死亡報告は、まだない」
WHO(世界保健機関)は3日(現地時間)「新型コロナウイルス感染症の新たな変異株“オミクロン”に関連した死亡報告はまだない」と明らかにしたと、フランス“AFP通信”などが報道した。WHOの報道官はこの日、スイス・ジュネーブで取材陣に対し先のように語った。...
別窓で開く


<前へ12次へ>