本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



(プレスリリース)イケア、Life at Home Report 2023を発表
過去10年間の調査結果から見えてくる家での暮らしの過去・現在・未来を紹介 健康・収納などの家での暮らしの悩みを解決し、春の新生活をアップデート<br /><br />「より快適な毎日を、より多くの方々に」をビジョンとするスウェーデン発祥のホームファニッシングカンパニー イケア...
別窓で開く

スティルタ・ムカルジーの使用用具・大会成績・プロフィール
今回は、インドのスティルタ・ムカルジーを紹介します。プロフィール、使用用具、プレースタイルなどの基本情報から、国際大会の成績などに触れていきます。スティルタ・ムカルジーとは?スティルタ・ムカルジーは、東京オリンピックにも出場した、インドの卓球選手です。...
別窓で開く

(プレスリリース)【gelato pique(ジェラート ピケ)】芸術家"アルフォンス・ミュシャ"とのコラボレーションの新作ルームウェアが登場!<3月7日(木)発売>
『花言葉』と『ビザンティン』からインスピレーションを受けた花々を春らしくデザインしたルームウェアや雑貨がラインアップ。...
別窓で開く

(プレスリリース)スロバキア政府との積水化学工業株式会社のペロブスカイト太陽電池共同検討で覚書締結を支援
欧州政府への橋渡しから覚書内容に関する対政府交渉を全面的にサポート<br /><br />株式会社ベルテクス・パートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役:山口正智)は、スロバキア政府と積水化学工業株式会社(代表取締役社長:加藤敬太、以下、積水化学)との間で行われたペロブスカイ...
別窓で開く

50年経っても売れまくる「F-16」戦闘機、一体何がいいのか? 歴史はまだまだ“折り返し地点”!?
2024年1月に初飛行から50年を迎えたF-16「ファイティングファルコン」ですが、まだ新造機が量産され続けています。もうすぐ傑作機F-4「ファントムII」の生産数を上回りそうな同機の魅力は、どこにあるのでしょうか。初飛行から50年迎えたF-16戦闘機 世界的ベストセラー戦闘機の1種であるアメリカ生...
別窓で開く

金子拓郎がベティス撃破へ導く…町田浩樹、常本佳吾も16強入りに貢献/ECL決勝Tプレーオフ第2戦
ヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)決勝トーナメントプレーオフ・セカンドレグの8試合が21日と22日に各地で開催された。 ユニオン・サン・ジロワーズ(ベルギー)とフランクフルト(ドイツ)が激突したファーストレグは、2−2で終了。フランクフルトのホームに移ったセカンドレグは、後半に入った47分に動...
別窓で開く

男女ベスト8出揃う 男子日本は中国、女子日本はルーマニアとメダル決定戦へ<世界卓球2024>
<ITTF世界卓球選手権釜山大会2024 日程:2月16日〜2月25日 場所:釜山(韓国)>21日、世界卓球選手権釜山大会の男女団体決勝トーナメント1〜2回戦が行われ、ベスト8のチームが出そろった。...
別窓で開く

「今はその時期ではない」元主将が古巣ナポリからのオファーを断る「とても魅力的だったが…」
 昨シーズンは33年ぶりにセリエAを制したナポリが、今シーズンは不振に陥っている。新任のリュディ・ガルシア監督を成績不振で11月に解任。後任のワルテル・マッザーリ監督も国内リーグ12試合で4勝3分け5敗で9位と浮上のきっかけを掴めず、今月19日にシーズン3人目となるフランチェスコ・カルツォーナ監督を...
別窓で開く

ナポリが今季2度目の監督交代…マッツァーリ氏を約3カ月で解任、後任はスロバキア代表指揮官
ナポリは19日、フランチェスコ・カルツォーネ氏が新監督に就任したことを発表した。 チームを久々のセリエA制覇に導いたルチアーノ・スパレッティ監督(現:イタリア代表)が退任し、リュディ・ガルシア氏の下でスタートを切った今シーズンのナポリ。しかし序盤から不安定な戦いが続くと、クラブは昨年11月にガルシア...
別窓で開く

(プレスリリース)ウクライナ人道危機発生から、まもなく2年になろうとしています。ADRA Japanは以前にも増し深刻な状況で暮らす人々に向け、支援を継続してまいります。
一人ひとりの命をこれからもつないでいくために<br /><br />2022年2月24日以降、ウクライナの人々が国の中で平穏に暮らすことができなくなってからまもなく2年になります。今も、ウクライナの東部と南部を中心に、多くの民間人が被害を受け、犠牲となる人道危機が続いています...
別窓で開く