本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



初売りで狙うべき大本命カー「BEST11」 交渉術からリセール&値引き&納期の最新情報まで大放出!!
解説してくれた渡辺陽一郎氏店舗によっては1月3日からスタートしている新車の初売りセール。初売りの魅力って? お得な交渉術は? 狙うべき本命カーは? カーライフジャーナリストの渡辺陽一郎(わたなべ・よういちろう)氏がマル秘情報を一挙大公開!!* * *■初売り限定の〝目玉カー〟——毎年恒例の話ですが、...
別窓で開く

バイエルン戦でマンCの“縦スライド”を担ったストーンズ「ポジショニングの面で学びがあった」
チャンピオンズリーグ(CL)・準々決勝ファーストレグが11日に行われ、マンチェスター・C(イングランド)がバイエルン(ドイツ)を3−0で下した。UEFA(欧州サッカー連盟)が選出するこの試合のプレイヤー・オブ・ザ・マッチに選出されたイングランド代表DFジョン・ストーンズが、『BT Sport』にて試...
別窓で開く

トヨタ・ルーミーとタンクの違いとは?ダイハツやスバルの兄弟車や購入のコツも解説【2022年4月に最も売れた車】
− 【2022年4月の販売台数ランキング1位】トヨタ・ルーミーの特徴とは −スライドドアが付いた車が欲しいけれど、ミニバンまで大きい車は必要ないという方やスライドドアが付いた軽自動車だと少し物足りないという方もいらっしゃるはず。そのような方にお勧めしたい車がトヨタから発売されているルーミーとタンク。...
別窓で開く

30車種以上で泊まったライターが選ぶ車中泊向きのクルマ10選
近年、旅のスタイルのひとつとして、またキャンプのようなアウトドアアクティビティとして地位を確立しつつある車中泊。最近は、クルマを買い換える際に車中泊ができるかどうかを選択の基準にするユーザーも増えているようです。では、どんな車種が車中泊しやすいのか? これまで取材やプライベートで30台以上の車種で車...
別窓で開く

「フォレスターやXVに次ぐ人気SUVなるか」スバル、新型電気自動車「ソルテラ」の価格と最新画像を公開
SUBARU(7270)は2022年4月14日、新型バッテリー電気自動車「SOLTERRA(ソルテラ)」(日本仕様車)の価格を発表しました。今回は「ソルテラ」の概要やデザインを振り返ったうえで、価格情報を紹介します。※最新画像については画像ギャラリー参照それでは早速、ソルテラの概要を見ていきましょう...
別窓で開く

新しい「ノア」「ヴォクシー」はココがスゴい!トヨタ初が目白押しの先進の飛び道具が満載
トヨタのミッドサイズミニバン「ノア」と「ヴォクシー」が8年ぶりにフルモデルチェンジを果たした。注目の新型は、あらゆる装備にトヨタの最新フェーズが導入された意欲作。今回は、走りをつかさどるプラットフォームやパワートレーン、そして先進安全装備などにフォーカスする。...
別窓で開く

モンスター軽「N-BOX」10年の功罪 苦戦から一転爆売れ“ホンダの軽”その危うさ
ホンダの大ヒット軽自動車「N-BOX」誕生から10年が経ちました。同社を皮切りにラインアップされたNシリーズは、“ホンダの軽”を一躍メインストリームに押し上げましたが、それには危うさもはらんでいます。地味だったホンダの軽が一変した! ホンダの軽自動車「N-BOX」、2011(平成23)年12月16日...
別窓で開く

高評価の理由とは?2021-2022日本カーオブザイヤーで各賞を獲得した6台の真価
“今年の1台”を決める日本カー・オブ・ザ・イヤー。60名の選考委員による厳正な審査の結果、6台のモデルが栄冠を勝ち取った。各賞を受賞したモデルは、どんなところが評価されたのだろう? 2021-2022シーズンの選考委員を務めた工藤貴宏氏が振り返る。...
別窓で開く

車はどれだけ“重く”なったか 自動車税や高速料金見直しの焦点 軽で1トン超 重いEV
自動車税や高速道路料金の見直しが議論されるなか、道路に影響を及ぼす「車体重量」がその焦点のひとつになっています。この数十年で、クルマはかなり重くなりましたが、背景には何があるのでしょうか。道路には切実な影響を及ぼす「車体重量」 2021年10月22日、東京都の税制調査会が令和3年度の答申を発表しまし...
別窓で開く

遊び仕様にする?それとも仕事?専用キャリアで軽トラをカスタム!
結構な荷物を積めて、小回りが利いて、さらには経済的。仕事用として日本全国で活躍するのはもちろんのこと、近年はアウトドアなどレジャー目的としても注目を集める軽トラック。そんな軽トラをより便利に使えそうなカスタムパーツが登場です。軽トラキャンピングカー専門店、TRAVEL HOUSE(トラベルハウス)の...
別窓で開く


<前へ12次へ>