本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



イングランド選手、自宅に強盗で帰国 監督「サッカーより家族」
 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会に出場しているイングランド代表FWラヒーム・スターリング選手(27)=チェルシー=の英南部サリー州の自宅に強盗が押し入り、スターリング選手は急きょ帰国した。イングランドは4日の決勝トーナメント1回戦でセネガルに勝ったが、同選手は欠場した。...
別窓で開く

泥沼状態のウクライナ戦争 停戦の鍵握るのは軍事、政治、経済の「限界」
ウクライナ戦争は停戦の見通しが立たない。歴史上、停戦し、講和に至った戦争を振り返る。■第二次世界大戦1939年9月1日に始まった第2次世界大戦は、連合国(英米仏ソ連など)が枢軸国(日独伊など)に勝った戦争である。イタリアでは、45年4月28日にムッソリーニがパルチザンに銃殺された。ドイツでは、4月3...
別窓で開く

「自宅に強盗が入った」イングランド代表FWスターリングが緊急帰国、再合流は未定
  英紙ガーディアンは4日、FIFAワールドカップ(W杯)カタール大会イングランド代表FWスターリングが、チームを離れて緊急帰国したと報じた。自宅に強盗が入ったといい、再合流は未定。サウスゲート監督はセネガル戦後、「彼には家族のために過ごす時間を与えた。それが今は一番重要なことだ」と話した。(平地一...
別窓で開く

イングランド代表・スターリング ロンドンの自宅に強盗が入り緊急帰国 家族が鉢合わせとの報道
 イングランド代表FWラヒーム・スターリング(27)家庭の事情によりチームを離脱することになった。 英紙タイムズや英紙サン(電子版)によると、「家族が武装した強盗と鉢合わせになった」と報じられいる。同紙によれば武装した強盗が現地時間3日夜に英国ロンドンにあるスターリングの自宅に押し入り、ペイジ・ミリ...
別窓で開く

 イングランドのサウスゲート監督はセネガル戦でベンチ外となったFWスターリングについて、家庭の事情で帰国したことを明らかにした。「彼が家族と一緒にいることが最優先だ。われわれはそれをサポートし、必要なだけ家族と過ごせるようにするつもりだ」と説明した。 英メディアによると、家族がいる自宅に武装した何者...
別窓で開く

セネガル戦欠場のスターリング、自宅に強盗が侵入…家族を心配し急遽帰国、再合流は未定
FIFAワールドカップカタール2022・決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)が4日に行われ、イングランド代表がセネガル代表を3−0で下した。同試合でメンバー外となっていたラヒーム・スターリング(チェルシー)について、イギリスメディア『スカイスポーツ』は、自宅に武装した強盗が侵入したことが理由だと報...
別窓で開く

ラッシュフォードの復調を喜ぶ英代表OBが“決勝Tからが真の勝負”と語る理由は? 8強入りをかけセネガルと対戦[現地発]【W杯】
 イングランド代表がグループステージを突破した。 カタール・ワールドカップのグループB、最終節のウェールズ戦は3−0で快勝。2勝1分で勝点7を獲得し、グループ首位で決勝トーナメント進出を決めた。試合後、イングランド代表のOBたちも頬を緩めて勝利と突破を喜んだ。 ウェールズ戦で中継番組の司会を務めたガ...
別窓で開く

「ウクライナ大飢饉」はジェノサイド=旧ソ連時代、独議会が認定
 【ベルリン時事】ドイツ連邦議会(下院)は11月30日、旧ソ連が90年前に構成共和国だったウクライナで人為的に起こしたとされる大飢饉(ききん)「ホロドモール」について「ジェノサイド(集団虐殺)」と認定する決議を賛成多数で可決した。 決議は、ホロドモールを「飢餓による意図的な集団殺害」と認めた上で、「...
別窓で開く

DeNA、育成のマルセリーノ、ディアス、スターリンと来季契約発表
 DeNAは29日、ともに育成選手のハンセル・マルセリーノ投手、ジョフレック・ディアス投手、スターリン・コルデロ投手と、来育成選手契約を結ぶことを発表した。 マルセリーノは来季が2年目、ディアスは同4年目、スターリンは同3年目となる。...
別窓で開く

中日・江藤慎一は水原茂監督に土下座も許されず。仲裁に向かった張本勲には「お前、入るな」
昭和の名選手が語る、"闘将"江藤慎一(第8回)前回を読む>>江藤慎一の専属バッティング投手だった大島康徳。打撃練習なのにニューボールを使う決まりごとに驚いた1960年代から70年代にかけて、野球界をにぎわせた江藤慎一という野球選手がいた(2008年没)。ファイトあふれるプレーで"闘将"と呼ばれ、日本...
別窓で開く