本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



戦争捕虜となったポーランド人将校を虐殺したソ連と黙認した同盟国
第二次世界大戦終結後、ソ連はさまざまな国を属国として支配。多くの戦争犯罪、そして人権弾圧を行ってきたようですが、それをアメリカやイギリスが見逃していたとなると、学んできた近現代史との違いに驚くかもしれません。評論家・情報史学研究家の江崎道朗氏による、近現代史認識のグローバルトレンドをとらえ、国際社会...
別窓で開く

赤尾敏と野村秋介、昭和〜平成に異彩を放った2人の「大物右翼」 「伝説の右翼」の警句はなぜあの時代にリアルに響いたのか
(フォトグラファー:橋本 昇) 赤尾敏という人物がいた。大日本愛国党の総裁。そして強烈なアジテーター。 彼は91歳の命を使い果たすまで、来る日も来る日も銀座数寄屋橋の角で日の丸を振り振り街宣車の上から叫び続けた。訴えるのは「反共・愛国」、まず直立不動で君が代を唄い、教育勅語を長々と流す。演説では徹底...
別窓で開く

マトリックスやワンダーウーマンも ロシア・アヴァンギャルドの映画ポスター
グラフィックデザイナーのゾラン・カーデュラさんが、ロシア・アヴァンギャルドの映画ポスターを自身のInstagramで公開しています。https://www.instagram.com/p/CYj1YbZj1Ci/『マトリックス レザレクションズ』のポスターはこんな感じとなります。...
別窓で開く

フェルスタッペンの偉大さを英メディアが「歴代王者」との類似点から指摘!宿敵から盗むべき特徴とは!?
史上最年少17歳でのF1参戦から7年目の昨季、ついに世界の頂点に立ったレッドブルのマックス・フェルスタッペン。歴代34人目の王者となった24歳は、ここからどれだけ勝利数、タイトル数を伸ばしていくのかが注目、そして期待されている。...
別窓で開く

マンC、サウサンプトンに追いつくも逆転できず…リーグ連勝が「12」で止まる
プレミアリーグ第23節が22日に行われ、サウサンプトンとマンチェスター・Cが対戦した。 リーグ12連勝中で首位を走るマンチェスター・Cとリーグ13位に燻るサウサンプトンの対戦。昨年9月の対戦時はスコアレスドローに終わった同カードは、この日も独走体制を築き始めるマンチェスター・Cをセインツが苦しめる展...
別窓で開く

昨年、24年ぶりに『岩波講座 世界歴史』(岩波書店)の刊行が始まった。教科書ではなく、こうした歴史書を読む意味はどこにあるのか。編集委員を務める東京大学の吉澤誠一郎教授は「社会人にこそ世界史を学んでほしい。そこには3つの理由がある」という——。■世界史の大きな変化を見過ごしていないかギリシア最大の海...
別窓で開く

19日発表!芥川賞&直木賞候補作をまとめておさらいしておこう
 第166回芥川龍之介賞、第166回直木三十五賞の選考会が2022年1月19日(水)に行われ、同日に受賞作が発表される。各賞の候補作は以下のとおり。??第166回芥川龍之介賞候補作「我が友、スミス」(集英社)石田夏穂「我が友、スミス」 「別の生き物」になりたい会社員・U野は、ボディ・ビル大会への出場...
別窓で開く

チームメイト、OBからも賛辞受ける冨安健洋、英国公共放送の平均採点はアーセナルで3番目の評価!
昨夏の移籍市場最終日にボローニャからアーセナルに移籍した冨安健洋は、ほとんど練習なしに右SBとしてスタメンデビューを飾っていきなり高評価を得ると、そこから15試合連続で先発出場を果たし、安定したパフォーマンスを維持して、早くもチームにとって不可欠な存在となった。...
別窓で開く

混声合唱曲「最後の手紙」への思い…戦火のなかで書かれた人生最後のメッセージを作品化(三枝成彰)
 今月17日の「三枝成彰 80歳コンサート」で2作品を初演する。 1つは日本の若手ピアニストを代表するおひとりの辻井伸行さん委嘱による新作のピアノ協奏曲。もう1つは混声合唱曲の「最後の手紙 The Last Message」だ。2010年に六本木男声合唱団の委嘱で書いた男声合唱曲を、混声合唱版に編曲...
別窓で開く

「苦渋の選択」冨安所属のアーセナル、宿敵トッテナムとのダービーの延期を要請「プレーできない選手が多数いる」
 現地1月14日、冨安健洋が所属するアーセナルが、16日に開催予定のプレミアリーグ第22節、宿敵トッテナムとのノースロンドン・ダービーの延期をリーグに要求したことを発表した。 クラブのホームページで、その理由を次のように説明している。...
別窓で開く


[ スターリン ] の関連キーワード

ポーランド ロシア リアル 芥川賞 直木賞