本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



『警官の血』“このミス”大賞小説を韓国はどう映画化したか? 善悪の価値観を揺さぶるサスペンス【チェ・ウシク×チョ・ジヌン】
『警官の血』© 2022 ACEMAKER MOVIEWORKS & LEEYANG FILM. All Rights Reserved.■映画化への期待と不安日本の小説が海外で映画化されることは珍しくなくなったが、今回は期待も不安も大きかった。韓国映画『警官の血』の原作は「このミ...
別窓で開く

チェ・ウシクの柔道姿を披露! 映画『警官の血』本編映像解禁 佐々木譲の警察小説を韓国で映画化
韓国映画『警官の血』より、チェ・ウシク演じる若き刑事が柔道をするシーンの本編映像が解禁された。 本作は、「このミステリーがすごい!」2008年版の第1位に輝き、累計発行部数60万部を超えた佐々木譲による同名警察小説を、韓国映画界の実力派キャストで映画化。 原作小説は昭和から平成にかけて警官三代の姿を...
別窓で開く

チョ・ジヌン×チェ・ウシク『警官の血』日本公開決定 本国初登場1位の韓国発クライムサスペンス
「このミステリーがすごい!」2008年版の第1位に輝き、累計発行部数60万部を突破した佐々木譲のベストセラー警察小説を、韓国映画界の実力派キャストで映画化した『警官の血』が、10月28日より全国公開されることが決まった。 本作で描かれるのは、警察組織の闇。一人の警官の死をきっかけに、事件の黒幕として...
別窓で開く

<W解説>韓国の独立記念日、カザフスタンから遺骨が”帰還”した「独立の英雄」の過去と文大統領の評価
日本の半島統治時代の独立運動家ホン・ボムド(洪範図)将軍(1868〜1943年)の遺骨が、15日の光復節(韓国の独立記念日)にカザフスタンから奉還された。韓国に到着する様子はテレビ中継され、韓国空軍の戦闘機5台が一緒に表敬飛行するパフォーマンスも行われた。...
別窓で開く

光復節に戻って来る洪範図の遺体…特使団がカザフスタンに向けて出発=韓国報道
日本植民地時代の「チョンサンリ(青山里)・ポンオドン(鳳梧洞)戦闘」勝利の主役であるホン・ボムド(洪範図)将軍の遺体を韓国国内に奉還するための大統領特別使節団(以下、特使団)が14日、カザフスタン現地に向かう。...
別窓で開く


<前へ1次へ>