本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



医薬品3割で出荷制限、目立つジェネリック不足…日医工などへの行政処分影響か
 薬局でジェネリック医薬品(後発薬)などが不足している問題で、日本製薬団体連合会(日薬連)は5日、医薬品の供給状況(8月末時点)について、4234品目(28・2%)で出荷停止などの制限を実施していたとの調査結果を発表した。約9割を後発薬が占めており、昨年から相次ぐ「日医工」(富山市)など後発薬メーカ...
別窓で開く

ジャンプ新連載はジェネリックボーボボ? ギャグ漫画激戦区に『イチゴーキ!操縦中』参戦
ジャンプ新連載はジェネリックボーボボ? ギャグ漫画激戦区に『イチゴーキ!操縦中』参戦 (C)PIXTA11月28日発売の『週刊少年ジャンプ』52号から始まった新連載『イチゴーキ!操縦中』が、大きな話題に。破格のギャグで語り継がれる『ボボボーボ・ボーボボ』を髣髴とさせる内容として、期待が集まっているよ...
別窓で開く

異常事態発生 「爆買い大国・中国」のZ世代がモノを買わなくなっている
「双11(ダブルイレブンセール、中国最大のECセール)ですか、なんも買ってないですよ」「00后(リンリンホウ)」と呼ばれる、中国の2000年代生まれのZ世代と話すと、こんな声が返ってきました。彼ら彼女らは、それ以前の世代に比べてどうも物欲がないと言われています。 中国では10歳の違いが結構大きく、日...
別窓で開く

コロナ解熱剤が大量に消えた!「中国に持ち逃げ」売国医師と厚労省の人災だった/コロナ残酷物語
「香港に帰るので、薬を半年分ください」 これはコロナ第7波の最中、私の派遣先にかかってきた電話である。香港出身で呼吸器に持病を抱える新型コロナ陽性患者からの相談だった。 当サイトで既報通り(11月24日配信記事「コロナ&インフル同時流行より怖い「全ての医薬品が消える」この冬の大パニック」)、日本国内...
別窓で開く

株式投資で資産2億5000万円を築いている現役サラリーマン投資家の愛鷹氏。2008年から株式投資をはじめ、これまで通算66もの銘柄で10倍株(テンバガー)を達成。“テンバガー・ハンター”の異名をとる。2021年は9年連続テンバガー達成。会社員として働きながらテンバガーを連発する【愛鷹式】超分散投資術...
別窓で開く

ドタバタ承認「コロナ新薬」は併用禁止だらけのとんでもないシロモノだった
 第1波から第7波まで無策ロードをひた走る自公政権と厚労省が、国内初の新型コロナ治療薬として、塩野義製薬のゾコーバ(一般名:エンシトレルビル)を緊急承認した。今年7月の時点では臨床試験(治験)結果で症状の改善が確認できず、継続審議になってわずか4カ月、第8波を目前にしてのドタバタ承認劇だ。...
別窓で開く

コロナ&インフル同時流行より怖い「全ての医薬品が消える」この冬の大パニック
 本格的な冬の到来を前に、本当に恐ろしいのは新型コロナとインフルエンザの同時流行よりも、市中から解熱鎮痛剤が消える「日医工パニック」かもしれない。 解熱鎮痛剤「ロキソニン」のジェネリック薬ロキソプロフェンや、水疱瘡・帯状疱疹の治療薬「アシクロビル」を製造するジェネリック医薬品大手「日医工」(富山県滑...
別窓で開く

「インフル検査は病院で」に疑問相次ぐ コロナは自主検査OKなのに(モーニングショー)
新型コロナ第8波に加え、インフルエンザ流行のきざしも見えるなか、都内クリニックでは薬が処方できない患者や診察できない患者も出てきているという。現場でいったい何が起きているのか。今日22日(2022年11月)の「モーニングショー」では、新型コロナとインフルエンザ流行に対応する医療機関の実態を詳しく報じ...
別窓で開く

ジェネリックプリングルズ?ドンキで「そっくりポテチ」を発見。食べ比べてみた。
世界140か国以上で販売されている、筒状の容器に入ったポテトチップス「プリングルズ」。しっかりとした味付けとパリっと軽い食感は、手が止まらなくなる美味しさですよね。そんな「プリングルズ」に似ていると、2022年11月現在、注目されているのが激安の殿堂「ドン・キホーテ」のPB商品「キャニスターポテトチ...
別窓で開く

ドンキで遭遇したポテチ、ジェネリック商品と思いきや… 「本家を超えた」と絶賛の嵐
「ジェネリック医薬品」というフレーズが浸透した現代。ネット上では、ブランド品とよく似た商品に対して「ジェネリック○○」という表現が使用されるケースも珍しくない。ネガティブなイメージを伴うネタとして認識している人も多いかと思うが、ときには「ジェネリック」と認識していた商品が「本家」のクオリティを凌駕す...
別窓で開く


[ ジェネリック ] の関連キーワード

テンバガ インフル

<前へ1234567次へ>