本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【虎番リポート】元阪神の守護神・呉昇桓「オヒサシブリデス」 ミエセス活躍に太鼓判「パワーある」
 スポニチの阪神担当が「見たこと」「聞いたこと」「感じたこと」を届ける「虎番リポート」。今春キャンプ最初の休日だった3日は遠藤礼記者が沖縄県恩納村の韓国サムスンのキャンプ地を訪れ、14〜15年に阪神に在籍した呉昇桓(オスンファン)投手(40)と再会した。日米韓で通算492セーブを誇るレジェンド。...
別窓で開く

内館牧子氏原作の「終わった人」(講談社文庫)が2023年夏、俳優中井貴一(61)とキムラ緑子(61)によってリーディングドラマとして舞台化されることが決まった。台本・演出は、笹部博司氏が手がける。定年を迎えた田代壮介のジェットコースター人生が描かれる。すべてを見通している娘道子、かっこいいバーのマダ...
別窓で開く

中井貴一×キムラ緑子によるリーディングドラマ『終わった人』上演決定
リーディングドラマ『終わった人』が、2023年夏に上演されることが決定した。『終わった人』は、内館牧子による同名小説が原作で、2018年には映画化もされた。今回の舞台版では、50歳で窓際部署に飛ばされ、そのまま定年退職を迎えた主人公・田代壮介を中井貴一、そして愛人にしようとするがどこまでいっても“メ...
別窓で開く

役員報酬1億円以上663人って多い?少ない? 政府も批判、「ニッポン企業トップはプロ経営者目指せ!」
上場企業の2022年3月決算で1億円以上の報酬を得ている役員が全国で663人いることが、東京商工リサーチが2022年7月22日に発表した「2022年3月期決算『役員報酬1億円以上開示企業』調査 【まとめ】」で明らかになった。1位はZホールディングス、慎ジュンホ氏の43億円だった。...
別窓で開く

米アップル社、クックCEO「825億円のボーナス、全額寄付します」!? 日本企業トップに見習わせたいが...
「825億円のボーナス」といってもピンとこないが、毎日1000万円使っても約23年かかるというと納得していただけるだろうか。そんな巨額の報酬を米アップル社のティム・クック最高経営責任者が手に入れた。スケールが違い過ぎる日本企業のトップと比べても仕方ないが、いったい、どうすればそんな収入を得られるのか...
別窓で開く

「国際的にも低いニッポンの課長の指導力」 管理職の恥ずかしい現実を政府報告書が暴露した狙いは?
「日本経済をもう一度元気にするのは、全国の課長さんに頑張ってもらわなくては!」と訴える報告書を政府が発表した。報告書は、内閣府が2021年8月10日に公式サイトに公開した「プライム市場時代の新しい企業組織の創出に向けて 〜生え抜き主義からダイバーシティ登用主義への変革〜」というタイトル。...
別窓で開く

「生え抜き」「ジイサン」「ニッポン人」...  日本企業トップの恥ずかしい現実を政府報告書が暴露した狙いは?
「生え抜き」「ジイサン」「ニッポン人」......。何だか加齢臭がプンプン漂ってきそうだが、これが日本企業のトップのお恥ずかしい現実。日本がもう一度元気を取り戻すには、「女性」「外国人」「中途採用」「若者」の人材を取り込まないと、お先真っ暗だという報告書を内閣官房が発表した。新進気鋭の経営者らが中心...
別窓で開く

歴代総理の胆力「大平正芳」(2)「オオダイラ君であります」
 大平は初出馬では田舎のジイサン、バアサンにクソ面白くもない財政問題を懸命にしゃべったが、いかにもカタい話すぎて聴衆はシラケるのが常だった。「笑顔だけはステキ」と妙に婦人票が集まって、からくも当選を果たしたのだった。しかし、2回目の選挙では笑顔だけではピンチと見かねた後援会幹部が、親分である池田に直...
別窓で開く


<前へ1次へ>