本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「仕事ができる人は、一文が短い」「一文を60字以内にすれば、書き手も読み手もラクになる」。そう話すのは、コピーライターとして30年以上活躍し続ける田口まこ氏だ。花王、ライオンなどのトイレタリー商品、資生堂、カネボウ、ポーラなどの化粧品を中心に、多数の広告コピーを手がけてきた。その田口氏が、伝わる・結...
別窓で開く

今年は、アップル創立の中心人物で、紆余曲折(うよきょくせつ)の末に同社を時価総額世界一の超巨大企業へと導いた、スティーブ・ジョブズの没後10年にあたる。現CEOのティム・クックへの最後の言葉として「スティーブだったらどうするか、とは考えるな」と伝えたジョブズゆえ、そろそろ伝説から解放しても良い頃合い...
別窓で開く

「ジョブズがいたら…」没後10年の年に発売された「iPhone13」の評判
 10月5日はスティーブ・ジョブズの命日で、今年は没後10年に当たる。ジョブズといえば言うまでもなく、アップルの共同設立者でiPhoneを誕生させた人物。その独創性やカリスマ性から彼を信奉する人が多く、後を継いでアップルCEOに就いたティム・クックが毎年iPhoneの新モデルを発表する度に、ツイッタ...
別窓で開く

スイッチ「有機ELモデル」に「ドラクエ」音楽の巨匠 ゲームが話題の1週間
【J-CASTトレンド・今週こんなことがありました】自由民主党の岸田文雄総裁が2021年10月4日に首相に選出された。すると7日夜に首都圏で最大震度5強の地震が発生し、新首相はさっそく対応に追われた。8日にはゲーム機「ニンテンドースイッチ」の「有機ELモデル」が発売された。人気ハードの新モデルとあっ...
別窓で開く

iPhoneが当たり前の今、聞きたい スティーブ・ジョブズを知らない世代の評価
米アップルの共同創業者・スティーブ・ジョブズ氏が亡くなってから10年。その命日にあたる米国時間2021年10月5日(日本時間6日)、アップルは自社ウェブサイトに、ジョブズ氏の功績をたたえる追悼動画を公開した。アップルは今や、「GAFA」と呼ばれる米国主要IT企業の一角を占める、巨大メーカーに成長を果...
別窓で開く

日米中、iPhone13を買うのにそれぞれ何日働く必要があるのか=中国メディア
 中国のポータルサイト・網易に9月28日、「米国人はiPhone13を買うのに6日、日本人は10日働く必要がある。では中国人は?」とする記事が掲載された。  記事は、米アップルの創業者スティーブ・ジョブズ氏の亡き後、同社のスマートフォンであるiPhoneに対し「イノベーション精神がどんどんなくなって...
別窓で開く

「孤独なイエス」だったのか? 日本人だから描けたジョブズ像 最先端テクノロジーと人との媒介者になった革命家
 2021年10月5日で、スティーブ・ジョブズが亡くなって、ちょうど10年になる。 マッキントッシュ・コンピュータからiPhone、iPadまで、数々の先駆的な製品を世に送り、IT界の革命家となったジョブズは、今なお多くの人に信奉される。 人々はなぜ彼に惹かれ、彼の思想が宿る製品を愛するのか。...
別窓で開く

iPhone 13に対するネットユーザーの率直な感想 「iPhone 11、12、13は三つ子みたいなもん」「それでも売れるんだよ」
9月14日、AppleがiPhone 13とiPhone 13 miniを発表しました。世界中で旧機種との違いを比較した記事が多数公開されましたが、Twitter上ではiPhone 13に対する率直な感想が多数投稿されています。...
別窓で開く

米アップル社、クックCEO「825億円のボーナス、全額寄付します」!? 日本企業トップに見習わせたいが...
「825億円のボーナス」といってもピンとこないが、毎日1000万円使っても約23年かかるというと納得していただけるだろうか。そんな巨額の報酬を米アップル社のティム・クック最高経営責任者が手に入れた。スケールが違い過ぎる日本企業のトップと比べても仕方ないが、いったい、どうすればそんな収入を得られるのか...
別窓で開く

自ら決めた強みはたいてい間違っている」? 売れる商品の「ウリ」の秘密【尾藤克之のオススメ】
商品やサービスに、お客様に選ばれるウリがなければ売れない。これは当然のことです。ピーター・ドラッカーは、「強みのうえにすべてを築け」と言いました。ビジネス活動とは、他社よりすぐれているポイント、お客様に選ばれる「ウリ」をつきとめ、これを主張していくものです。ところが、彼はこんな言葉も残しています。...
別窓で開く


<前へ12次へ>