本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



日本企業の“加齢問題”とは? なぜ米国企業は“年を取らない”のか
■「野生化」するイノベーションにどう向き合えばいいか——清水洋(早稲田大学商学学術院教授)【佐藤優の頂上対決】 長らく停滞の続く日本経済にあって、どの企業も躍起になって取り組んでいるのが、イノベーションの創出である。それには確実な方法がないものの、起こしやすい環境はわかっている。典型はヒト・モノ・カ...
別窓で開く

就活、スピーチ、子供との会話…真面目な人ほど悩みがちな「話し方」 世界水準を知るコーチが教える“50のルール”
 コミュニケーションのコーチとして、これまで1000人以上のエグゼクティブを指導してきた著者。その指導内容を具体的かつ実践的な50のルールとしてまとめた本が売れている。「話し方をテーマにした本は数多く出版されていますが、日本人の事例を基に書いたものが多いんです。それに対して著者は、海外経験が豊富で“...
別窓で開く

「バルミューダフォン」寺尾社長が弾いた算盤 新たな価値とデザイン性、高価格でも売れる商品で勝負!
国内で流通しているスマートフォンのメーカーと言えば、米アップルが過半のシェアを握り、残りを韓国サムソンや中国ファーウェイなどのアジア勢、ソニーやシャープといった日本勢で奪い合う構図だ。採算が合わずに撤退する日本メーカーが相次ぐなか、あえて新興家電メーカーのバルミューダが新たに参入した。...
別窓で開く

「石みたい」「古い」…日本でからかわれているものの正体とは=韓国報道
アップル(Apple)の創業者である故スティーブ・ジョブズ氏(1955〜2011)がこの世を去ってちょうど10年になる今年、ジョブズ時代の“指尺フォン”への懐かしさを刺激する小型スマートフォンが日本から登場し、業界で話題になっている。ジョブズ氏は生前、「スマートフォンは片手の親指ですべてを操作できな...
別窓で開く

リモートワーク、残業規制、パワハラ、多様性…リーダーの悩みは尽きない。多くのマネジャーが「従来のリーダーシップでは、もうやっていけない…」と実感しているのではないだろうか。そんな新時代のリーダーたちに向けて、認知科学の知見をベースに「“無理なく”人を動かす方法」を語ったのが、最注目のリーダー本『チー...
別窓で開く

「孫悟空」と「鉄腕アトム」の共通点を現役漫画家が語る! 『ドラゴンボール』鳥山明の絵のルーツは手塚治虫と50年代アメリカ文化にアリ
 鳥山明氏による漫画『ドラゴンボール』は、連載誌『週刊少年ジャンプ』で完結してから現在にいたるまで、数多くのファンを生み出し続けている大ヒット作品です。 ニコニコ生放送「山田玲司のヤングサンデー」にて、漫画家・山田玲司氏は、鳥山氏が描く作品のルーツについて言及し、『ドラゴンボール』のヒットが後年の鳥...
別窓で開く

認知機能対策にも! 50代から始める「ポケモンGO」のススメ
 スマホゲーム「ポケモンGO」がリリースされて5年。世界中で大ブームとなり、中高年のファンも珍しくない。そんな中、84歳の熱心なファンがまとめた“攻略メモ”が話題だ。いわく、「ボケ防止に最適」。世界的人気ゲームは、中高年の頭を守ってくれるのかーー。  ◇  ◇  ◇ ネットの話題をさらっているのは、...
別窓で開く

「経営にデザインの視点を取り入れることが重要だ」とは昨今よく言われるものの、製品やサービスならまだしも、デザインが経営にどう影響を及ぼすのか、ピンとこない向きも多いだろう。ロッテの「キシリトールガム」や「明治おいしい牛乳」の商品パッケージなど、誰もが知っている商品のデザインや、数々の企業ブランディン...
別窓で開く

1円玉サイズのスティーブ・ジョブズ、エアブラシで描いてみた! ヒゲの1本1本まで見えてくる超緻密な似顔絵に「すごい…」の声
 今回紹介するのは、ベルソンさん投稿の『【1円】小さくスティーブジョブスさん描きました』という動画です。投稿者メッセージ(動画説明文より) 1円玉サイズで描きました 【1円】小さくスティーブジョブスさん描きました 投稿者をフォローして新着動画をチェック!  ほぼ1円玉と同じサイズで、スティーブ・ジ...
別窓で開く

「仕事ができる人は、一文が短い」「一文を60字以内にすれば、書き手も読み手もラクになる」。そう話すのは、コピーライターとして30年以上活躍し続ける田口まこ氏だ。花王、ライオンなどのトイレタリー商品、資生堂、カネボウ、ポーラなどの化粧品を中心に、多数の広告コピーを手がけてきた。その田口氏が、伝わる・結...
別窓で開く


[ ジョブズ スティーブ ] の関連キーワード

バルミューダフォン スティーブ ジョブズ ポケモン アメリカ
孫悟空

<前へ1234567次へ>