本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



R・マドリード退団のベイル、同じ本拠地のライバルクラブに“逆オファー”?
レアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイルが、アトレティコ・マドリードに逆オファーをしていた模様だ。スペインメディア『マルカ』が24日に報じている。 ベイルとレアル・マドリードの現行契約は2022年6月末をもって満了を迎える。...
別窓で開く

ベイル、代理人がR・マドリード退団を認める…今後のキャリアはW杯次第に
レアル・マドリードに所属しているウェールズ代表FWギャレス・ベイルが、今季終了後にクラブを退団することとなるようだ。スペインメディア『マルカ』が16日に報じている。 ベイルとレアル・マドリードの現行契約は今季限りで満了を迎える。既にクラブとの関係が冷え切っていることから退団が確実視されていたものの、...
別窓で開く

今夏でレアルと契約満了のベイルにアメリカ行きの噂…既に代理人とは接触済み
レアル・マドリードのウェールズ代表FWガレス・ベイルに、アメリカ行きの噂が浮上した。21日、アメリカ紙『ワシントン・ポスト』が報じている。 報道によると、メジャーリーグサッカー(MLS)のD.C.ユナイテッドがベイルの代理人であるジョナサン・バーネット氏と会談したとのこと。...
別窓で開く

逃した魚は大きかった!? イングランド代表入りの可能性があった逸材たち
年末に行われるワールドカップ・カタール大会への出場を決めているイングランド代表は、今月29日に初めてコートジボワール代表と親善試合を行う。そんな一戦で注目を集めるのが、元イングランド代表にして現在コートジボワール代表のエースとして活躍するウィルフレッド・ザハ(29歳)だ。...
別窓で開く

今冬もビッグネームが新天地へ! 初年度の冬のデッドライン・デーを振り返る
欧州各国の移籍市場最終日は、駆け込みで多くの選手の移籍が発表されることから“デッドライン・デー”として今やすっかりサッカーにおける冬の風物詩となっている。 今冬もクリスティアン・エリクセン(フリー→ブレントフォード)、デヤン・クルゼフスキ(ユヴェントス→トッテナム)、デレ・アリ(トッテナム→エヴァー...
別窓で開く

去就不透明のケイン…トッテナムOBウッドゲート氏「引き留めるためには…」
 元イングランド代表DFで現在はボーンマスを率いるジョナサン・ウッドゲート監督が選手時代にプレーしたトッテナムのエースFWハリー・ケインについて言及した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。 ケインはトッテナム生え抜きの現在27歳。今季のクラブ公式戦では、ここまで43試合の出場で31ゴー...
別窓で開く

「レアル復帰予定」発言で話題のベイル、代理人が火消しに走る「時期尚早」
 トッテナムに所属するウェールズ代表FWギャレス・ベイルの去就について、同選手の代理人を務めるジョナサン・バーネット氏がコメントした。26日、大手メディア『ESPN』やイギリスメディア『BBC』が伝えた。 ベイルは昨年夏にレアル・マドリードから1年間のレンタル移籍でトッテナムに加入。...
別窓で開く

カマヴィンガの代理人はベイルと同じ“あの人”…レアルとの関係に影響は?
 レンヌに所属する18歳のフランス人MFエドゥアルド・カマヴィンガの代理人を務めるジョナサン・バーネット氏が、同氏とレアル・マドリードとの関係について言及した。6日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。 かねてよりレアル・マドリードがカマヴィンガの獲得に興味を示していることは、メディアでも数多く取り沙...
別窓で開く

バブルシステム導入しホテル内で卓球大会開催<スペインマスターズ>
<卓球 第2回スペインマスターズ2020 11月23〜26日>11月23〜26日にスペイン・マドリードにて第2回スペインマスターズ2020が開催された。男子シングルスではジョナサン・グロート(デンマーク)が、女子シングルスではアンドレア・ドラゴマン(ルーマニア)が優勝を果たした。...
別窓で開く

ゴールデンボーイ候補20名が発表! サンチョやハーランド、A・デイヴィスらが選出
 イタリア紙『Tuttosport』は15日、2020年の「ゴールデンボーイ賞」候補20名を発表した。 ヨーロッパでプレーする最も活躍した21歳以下の選手に贈られる同賞は、2003年に設立。昨年は、アトレティコ・マドリードに所属するポルトガル代表FWジョアン・フェリックスが受賞した。 ノミネートされ...
別窓で開く


[ ジョナサン マドリード ] の関連キーワード

イングランド マスターズ マドリード ゴールデン スペイン
アメリカ レアル

<前へ123次へ>