本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



“ポスト・ジョーダン”からいつしか“過去の人”へ。故障にすべてを奪い去られたペニーのキャリア【レジェンド列伝・後編】<DUNKSHOOT>
■ジョーダンに代わる広告塔からいつしか“過去の人”へ 1995−96シーズンのオーランド・マジックは、大黒柱だったシャキール・オニールが開幕から故障のため6週間にわたって戦列を離脱。これによって苦戦が予想されたチームを救ったのは、アンファニー・ハーダウェイの八面六臂の活躍だっ...
別窓で開く

アンファニー“ペニー”ハーダウェイ??1990年代のリーグで一際眩い輝きを放った“マジック二世”【レジェンド列伝・前編】<DUNKSHOOT>
今年のNBAドラフト1位指名権はオーランド・マジックが獲得。過去、マジックは3回1位指名権を得たことがあり、1992年のシャキール・オニールと2004年のドワイト・ハワードはいずれも大黒柱へと成長し、チームをNBAファイナルまで導いた。 だが、残るもう1回——1993年に1位指名したクリス・ウェバー...
別窓で開く

カリーが初のファイナルMVP獲得!平均31.2点&3P成功率43.7%の活躍に史上6人目の偉業も<DUNKSHOOT>
現地時間6月16日、マサチューセッツ州のTDガーデンでボストン・セルティックス対ゴールデンステイト・ウォリアーズのNBAファイナル第6戦が行なわれ、ウォリアーズが103−90で勝利。4勝2敗で、2018年以来4年ぶり7回目の優勝を果たした。...
別窓で開く

カリーが“GOAT”論争に入らないのはなぜ?元得点王が見解「チームの功績をどう評価するかが難しい」<DUNKSHOOT>
自身4回目のリーグ優勝を目指してNBAファイナルを戦っているゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリー。レギュラーシーズンとプレーオフの通算3ポイント成功数でともに歴代トップに立つなど、“史上最高のシューター”と称されるその実力に疑いの余地はないが、ファイナルMVP...
別窓で開く

セルティックスのデュオが球団初の快挙!ファイナル第3戦で達成された記録一覧<DUNKSHOOT>
現地時間6月8日、NBAファイナル第3戦が行なわれ、ボストン・セルティックスが116−100でゴールデンステイト・ウォリアーズに勝利。シリーズ2勝目をあげた。 前戦を落として本拠地TDガーデンに戻ったセルティックスは、第1クォーターで33−22とリードを奪うと、前半を68−56で終了。...
別窓で開く

カーメロ、オルドリッジ、ジョージ——NBAファイナル未経験のプレーオフ最多出場者を発表!【現役編】<DUNKSHOOT>
今年のNBAはゴールデンステイト・ウォリアーズが2019年以来3年ぶり、ボストン・セルティックスが2010年以来12年ぶりのファイナルに駒を進めた。 シリーズ前のトピックスとして、セルティックスのアル・ホーフォードがNBA最長の141試合のプレーオフ出場を経て、ファイナルデビューを果たしたことが話題...
別窓で開く

ナッシュ、カーター、オニール——NBAファイナル未経験のプレーオフ最多出場者ランキング【レジェンド編】<DUNKSHOOT>
2021−22シーズンのNBAはゴールデンステイト・ウォリアーズが2019年以来3年ぶり、ボストン・セルティックスが2010年以来12年ぶりのファイナルに駒を進めた。 シリーズ開幕前のトピックスとして、セルティックスのアル・ホーフォードがNBA最長の141試合のプレーオフ出場を経て、ファイナルデビュ...
別窓で開く

「以前は5つの選択肢があったけど今はない」現代NBAにウォージーが見解。古巣レイカーズには「再建を拒否した」<DUNKSHOOT>
現代NBAはマイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズ)やコビー・ブライアント(元ロサンゼルス・レイカーズ)からバトンを受け取った“キング”ことレブロン・ジェームズ(レイカーズ)は37歳となり、世代交代が徐々に進んでいる。 そのなかで、NBA人気が徐々に高まっていた1980年代に...
別窓で開く

初代カンファレンス決勝MVPに輝いたカリーをマジックが祝福「史上最高のシューター、おめでとう」<DUNKSHOOT>
現地時間5月26日、ゴールデンステイト・ウォリアーズがダラス・マーベリックスとのウエスタン・カンファレンス決勝第5戦を120−110で制し、3年ぶり12回目のNBAファイナル進出を決めた。 今年から新設されたカンファレンス・ファイナルMVPには、シリーズ平均23.8点(フィールドゴール成功率44.4...
別窓で開く

今季惨敗のレイカーズにOBのマジックが提言。ウエストブルックのトレード案には「何を見返りに得るんだ?」と慎重姿勢<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズのラッセル・ウエストブルックは、2021−22シーズンのNBAで最も批判を浴びた選手の1人だったかもしれない。レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビスらを擁する“スーパーチーム”の一員となったがフィットできず、プレーオフを逃した今季の戦犯に挙げられた...
別窓で開く


[ ジョンソン dunkshoot ] の関連キーワード

dunkshoot ジョーダン レジェンド ナッシュ goat
ジョージ カータ nba