本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「ジェノサイド」は恐ろしい言葉=犯罪捜査、再発防止に意義—赤阪清隆 元国連事務次長
「ジェノサイド」、すなわち集団殺害というのは、恐ろしい言葉である。軽々に口にすべき言葉ではない。なぜなら、その言葉の意味するところが恐ろしいだけでなく、ジェノサイドの加害者と非難された側に、極度の感情的な反発を招くからだ。しかし今、ウクライナ危機に絡んで、プーチン・ロシア大統領、ゼレンスキー・ウクラ...
別窓で開く

なぜ国際社会は“ブチャの虐殺”を「ジェノサイド」と言い切らないのか?〈実はブチャ以外にも…〉
■Q ブチャで多数の民間人の遺体を発見…でも「ジェノサイド」じゃないの? ロシア軍のウクライナ侵攻で、多数の民間人の遺体が発見されたブチャをめぐり、ジェノサイド(集団殺害)という言葉が問題になっています。...
別窓で開く


<前へ1次へ>