本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



エマ・ロバーツ、『スパイダーマン』スピンオフ『マダム・ウェブ』に出演
マーベル映画『スパイダーマン』初となる、女性主役のスピンオフ映画『Madame Web(原題)』に、エマ・ロバーツが出演することがわかった。Deadlineなど、米メディアが報じている。 本作は、ソニー・ピクチャーズが手掛けるマーベル映画『スパイダーマン』のスピンオフ。...
別窓で開く

LIV第2戦に谷原秀人率いる“チーム・ジャパン”が登場! B・デシャンボー、B・ケプカは主将で電撃移籍後の初戦へ
現地時間30日からの3日間、『LIVゴルフ』の今季第2戦が米オレゴン州ポートランドのパンプキンリッジGCで行われる。同28日にはチーム戦のドラフトが行われ、出場48名が12チームに振り分けられた。日本勢は谷原秀人、香妻陣一朗、稲森佑貴、木下稜介が出場するが、谷原がキャプテンを務めるトルクGCに全員が...
別窓で開く

LIVゴルフ初戦のドラフトを実施 DJ、ミケルソンらが主将、谷原秀人はケビン・ナのチーム入り
9日にロンドン郊外で開幕する『LIVゴルフ・インビテーショナルシリーズ』初戦のチームを決めるドラフトが、7日行われた。各チームのキャプテンは、世界ランクに基づくリストから3名を選び、4人1組の12チームが結成された。3人が出場する日本勢は、木下稜介がウェイド・オームズビー(オーストラリア)率いる『パ...
別窓で開く

ダスティン・ジョンソン、谷原秀人ら世界11カ国から集結 サウジ新リーグ開幕戦出場者“42”人まとめ
9日(木)にロンドンで開幕する新ゴルフリーグ「LIVゴルフ」は大会出場選手を発表した。フィールドの人数は全48人となるが、今回発表されたのはそのうち42人の選手。11カ国から選手が集まり、ダスティン・ジョンソン(米国)など元世界ランキング1位に輝いたことのある選手は3人いる。メジャータイトルは8つ、...
別窓で開く

小平智はツアー1勝のリチャード・ジョンソンらと同組 世界ランク2位のジョン・ラームも参戦
<メキシコオープンatビダンタ 事前情報◇26日◇ビダンタ・バジャルタ(メキシコ)◇7456ヤード・パー71>米国男子ツアーは、メキシコで「メキシコオープンatビダンタ」が行われる。現地時間28日(木)からの開幕に先立ち、予選ラウンドの組み合わせが発表された。...
別窓で開く

「ダンカンを思い起こさせる」名将ポポビッチも絶賛するスパーズの若きリーダー、マレーを突き動かす信念<DUNKSHOOT>
3年ぶりのプレーオフ進出に向けて邁進中のサンアントニオ・スパーズ。そのチームを引っ張る絶対的リーダーが、入団6年目のデジャンテ・マレーだ。 マレーは2016年のドラフトでスパーズから29位指名を受けてNBA入り。年齢的には25歳とまだ若手の部類だが、オーストラリア代表のベテランガード、パティ・ミルズ...
別窓で開く

名将ポポビッチがNBAシーズン最多勝まであと1勝!しかし選手の反応は「彼が気にしているとは思えない」<DUNKSHOOT>
現地時間3月7日、サンアントニオ・スパーズはホームのAT&Tセンターでロサンゼルス・レイカーズと対戦。相手チームの追い上げに屈することなくリードを守り抜き、117−110で勝利し今季25勝目(40敗/勝率38.5%)をあげた。「我々は(相手より)少しだけクイックだったと思う。非常に我慢強くできたわけ...
別窓で開く

元オールスター戦士ジョンソンがセルティックスと10日間契約!約20年ぶりの古巣復帰に「不思議な気分だ」<DUNKSHOOT>
現地時間12月22日、7選手が新型コロナウイルスの安全衛生プロトコル入りしていたボストン・セルティックスはロースター枠の拡大に伴い、元オールスター選手のジョー・ジョンソンと10日間契約を結んだ。 現在40歳のジョンソンにとってセルティックスは、2001年のドラフト1巡目10位で指名され、NBAキャリ...
別窓で開く

【NBA背番号外伝】代表格はジノビリ、ペイトン、アレン。ガードの名手たちが着用した「20番」を振り返る<DUNKSHOOT>
NBAにおいて背番号20で永久欠番となっている選手は2人しかいない。1人はPFのモーリス・ルーカス、もう1人は2018年に欠番になったエマニュエル・ジノビリである。ジノビリも含め、20番はガードの印象が強い番号だ。 アルゼンチンが生んだ史上最高のバスケットボール選手であるジノビリは、2002年にNB...
別窓で開く

大型PGマジック、ダンク王リチャードソン、万能戦士グリーンを輩出したミシガン州大の最強メンバーを選定!<DUNKSHOOT>
1910年に創設され、NBA(1946年)より古い歴史を持つNCAA(全米大学体育協会)は、プロを目指す若手選手たちにとってNBA入りの“王道ルート”であり、時代を問わず何人ものスーパースターを送り出してきた。 では、カレッジとNBAで実績を残した選手を対象に、大学別に最強メ...
別窓で開く



<前へ123次へ>