本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



森保監督の決断はいかに…ドラマ生まれるW杯メンバー発表、過去6大会を振り返る
11月1日(火)14時からFIFAワールドカップカタール2022に臨む日本代表メンバー26名が発表される。 過去6大会、数々のドラマが生まれたW杯のメンバー発表。三浦知良の落選、巻誠一郎のサプライズ招集などは、今もなおサッカーファンの記憶に深く刻まれていることだろう。過去6大会のメンバーとともに発表...
別窓で開く

長谷部誠、遠藤航、鎌田大地、伊藤洋輝。ブンデスで“4人同時先発”の一戦で躍動したサムライたちの現在地
 現地時間9月17日に行なわれたブンデスリーガ第7節、シュツットガルトがホームにフランクフルトを迎えた試合で、4人の日本人選手がスタメンで同じピッチに立ち、フル出場した。結果は3−1で、セットプレーから3つのゴールを決めたフランクフルトが勝利したが、4人それぞれがタスクをこなしながら持ち...
別窓で開く

C大阪のFW大久保嘉人、今季限りで現役引退…J1歴代トップの通算191得点
 セレッソ大阪は19日、元日本代表FW大久保嘉人が今季限りで現役を引退すると発表した。22日午後に引退記者会見を開催し、YouTubeにてライブ配信することも併せて発表している。 現在39歳の大久保は国見高校卒業後の2001年、C大阪に加入。2005年1月からはマジョルカに移籍して海外挑戦を果たす。...
別窓で開く

【クラブ別J公式ベスト11輩出数ランキング】堂々の1位鹿島に次ぐ2位は浦和? 磐田?
 1993年に産声を上げたJリーグは、毎シーズン、ベストイレブンを選出。これまでの過去27年間で選ばれた選手の総数は計297人。GKからFWまでバラエティに富んだそうそうたる面々が、際立つプレーでリーグを盛り上げ、日本サッカーの歴史を紡いできた。 そんな名手たちを最も多く輩出してきたのはどのクラブか...
別窓で開く

個人タイトル最多獲得クラブは? 昨季王者は4位タイ。栄えある1位は?
 個人タイトル獲得選手を最も多く輩出しているクラブはどこか。1992年から2019年までの間で、J1リーグのMVP、得点王、ベストヤングプレーヤー賞(新人王含む)、ルヴァンカップ(ナビスコカップ含む)のMVP、ニューヒーロー賞の5タイトルにおける歴代の受賞者をカウントし、ランキングを作成した。...
別窓で開く


<前へ1次へ>