本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



福西崇史が選ぶ『今も記憶に残るPK戦』4選「バッジョといえども外すんだ」
不動のボランチとしてジュビロ磐田の黄金期を支え、2006年開催のドイツワールドカップには、日本代表の中心メンバーとして出場。日本サッカーが世界水準へと飛躍していく瞬間をピッチの中央から見つめていた福西崇史。 そんな福西崇史が、サッカーを徹底的に深掘りする連載『フカボリ・シンドローム』。...
別窓で開く


<前へ1次へ>