本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



福西崇史がW杯現地取材で感じたカタールの空気「ひとつの街でこれほどたくさんの国のユニフォームを見たのは初めて」
カタールワールドカップをフカボリ!不動のボランチとしてジュビロ磐田の黄金期を支え、2006年開催のドイツワールドカップには、日本代表の中心メンバーとして出場。日本サッカーが世界水準へと飛躍していく瞬間をピッチの中央から見つめていた福西崇史。 そんな福西崇史が、サッカーを徹底的に深掘りする連載『フカボ...
別窓で開く

福西崇史が期待するカタールW杯でのアジア勢の躍進「次大会でのアジア枠拡大に向けて結果を残さないといけない」
W杯に出場しているアジア勢をフカボリ!不動のボランチとしてジュビロ磐田の黄金期を支え、2006年開催のドイツワールドカップには、日本代表の中心メンバーとして出場。日本サッカーが世界水準へと飛躍していく瞬間をピッチの中央から見つめていた福西崇史。 そんな福西崇史が、サッカーを徹底的に深掘りする連載『フ...
別窓で開く

福西崇史が選ぶ『今も記憶に残るPK戦』4選「バッジョといえども外すんだ」
不動のボランチとしてジュビロ磐田の黄金期を支え、2006年開催のドイツワールドカップには、日本代表の中心メンバーとして出場。日本サッカーが世界水準へと飛躍していく瞬間をピッチの中央から見つめていた福西崇史。 そんな福西崇史が、サッカーを徹底的に深掘りする連載『フカボリ・シンドローム』。...
別窓で開く

チェイス・アンリの身体能力を福西崇史が絶賛も「経験値のない現状で過度な期待をし過ぎるのは酷」
不動のボランチとしてジュビロ磐田の黄金期を支え、2006年開催のドイツワールドカップには、日本代表の中心メンバーとして出場。日本サッカーが世界水準へと飛躍していく瞬間をピッチの中央から見つめていた福西崇史。 そんな福西崇史が、サッカーを徹底的に深掘りする連載『フカボリ・シンドローム』。...
別窓で開く

なぜ大迫勇也は高く評価されるのか? 福西崇史が解説する日本代表で1トップを務めることの難しさ
不動のボランチとしてジュビロ磐田の黄金期を支え、2006年開催のドイツワールドカップには、日本代表の中心メンバーとして出場。日本サッカーが世界水準へと飛躍していく瞬間をピッチの中央から見つめていた福西崇史。 そんな福西崇史が、サッカーを徹底的に深掘りする連載『フカボリ・シンドローム』。...
別窓で開く

広島が首位鹿島に完勝でJ1通算400勝達成!…ACL組は明暗/J1第12節
明治安田生命J1リーグ第12節が、6日から8日にかけて行われた。 6日に行われたフライデーナイトJリーグでは、セレッソ大阪とジュビロ磐田が対戦。C大阪は前半に毎熊晟矢が2ゴールを挙げると、62分に途中出場した為田大貴が74分に一発レッドカードで退場。...
別窓で開く

鹿島の新エース候補に、桜の絶対的リーダー、ロティーナの申し子…J開幕まで2週間、今季の注目株たちに迫る
 Jリーグ開幕まで2週間。鹿児島・宮崎で調整を続けていたセレッソ大阪、清水エスパルス、ジュビロ磐田らが続々とキャンプを打ち上げ、本拠地へ戻りつつある。それぞれ練習試合を行ない、徐々にチーム完成度を高めている段階だが、やはり強固な組織を構築するためには、ピッチ上の牽引者が必要不可欠。そんな重要プレーヤ...
別窓で開く


<前へ1次へ>