本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



香川と岡崎。ベルギーで実現した"ダブル・シンジ"に福西崇史が期待「特に岡崎はどう戦っていくのか、とても興味がある」
不動のボランチとしてジュビロ磐田の黄金期を支え、2006年開催のドイツワールドカップには、日本代表の中心メンバーとして出場。日本サッカーが世界水準へと飛躍していく瞬間をピッチの中央から見つめていた福西崇史。 そんな福西崇史が、サッカーを徹底的に深掘りする連載『フカボリ・シンドローム』。...
別窓で開く

ついに開幕したW杯イヤーの海外リーグ。福西崇史が注目する日本人選手は?「『やっぱり香川真司はすごい』と思わせて欲しい」
不動のボランチとしてジュビロ磐田の黄金期を支え、2006年開催のドイツワールドカップには、日本代表の中心メンバーとして出場。日本サッカーが世界水準へと飛躍していく瞬間をピッチの中央から見つめていた福西崇史。 そんな福西崇史が、サッカーを徹底的に深掘りする連載『フカボリ・シンドローム』。...
別窓で開く

「鮮明に覚えてる」「異次元」イニエスタが4年前のJ初弾を回想! 元独代表とのホットライン、華麗な反転トラップからのゴラッソに脚光
 ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが8月11日、自身のツイッターで、ちょうど4年前に決めたJリーグ初ゴールを回想した。 イニエスタは2018年5月にバルセロナから神戸に加入。同年7月22日の第17節・湘南ベルマーレ戦でJデビューを飾り、その後もボールテクニック、ドリブル、キラ...
別窓で開く

福西崇史がJリーグで対峙して衝撃を受けた『攻撃的なポジションの外国人選手』4選「最初に浮かぶのは『浪速の黒豹』」
不動のボランチとしてジュビロ磐田の黄金期を支え、2006年開催のドイツワールドカップには、日本代表の中心メンバーとして出場。日本サッカーが世界水準へと飛躍していく瞬間をピッチの中央から見つめていた福西崇史。 そんな福西崇史が、サッカーを徹底的に深掘りする連載『フカボリ・シンドローム』。...
別窓で開く

「JリーグvsKリーグでもある」福西崇史が語るE−1選手権の韓国戦の意味
不動のボランチとしてジュビロ磐田の黄金期を支え、2006年開催のドイツワールドカップには、日本代表の中心メンバーとして出場。日本サッカーが世界水準へと飛躍していく瞬間をピッチの中央から見つめていた福西崇史。 そんな福西崇史が、サッカーを徹底的に深掘りする連載『フカボリ・シンドローム』。...
別窓で開く

バルサ出身のFC東京スペイン人指揮官が語る「プロセス」に覚えた小さな違和感
 7月17日、東京。J1第22節、FC東京はジュビロ磐田と本拠地で戦い、2−0と勝利を収めている。試合後の会見室の記者は10人に満たなかった。「浦和レッズ戦後は満員だったのに」 FC東京の指揮官であるアルベル・プッチ・オルトネダ監督は軽口を叩きながら壇上につくと、滔々と話し出した。...
別窓で開く

「森保さんのプレッシャーたるや…」福西崇史が選ぶ日本代表のW杯メンバーは?
 現在の日本代表を取り巻く最大の関心事が、2022年11月に開幕するカタール・ワールドカップの登録メンバーだ。  ドイツ代表、コスタリカ代表、スペイン代表と同居する難易度の高いグループを勝ち抜き、悲願のベスト8進出を果たすには、日本代表ははたしてどんな陣容で臨むべきなのか。...
別窓で開く

なぜ大迫勇也は高く評価されるのか? 福西崇史が解説する日本代表で1トップを務めることの難しさ
不動のボランチとしてジュビロ磐田の黄金期を支え、2006年開催のドイツワールドカップには、日本代表の中心メンバーとして出場。日本サッカーが世界水準へと飛躍していく瞬間をピッチの中央から見つめていた福西崇史。 そんな福西崇史が、サッカーを徹底的に深掘りする連載『フカボリ・シンドローム』。...
別窓で開く

【E-1選手権への推薦状】その実力に疑いなし…E-1を足掛かりにカタールへの夢切符を掴め!
もちろんワールドカップは楽しみだが、J2も同じように楽しみだし、高校年代の試合も本当に楽しみだ。正直に告白してしまうと、ワールドカップだけが特別な舞台だというイメージは、自分の中にないかもしれない。だが、そんな私にも『ワールドカップに出場してほしい選手』は間違いなく存在する。...
別窓で開く


[ ジュビロ スペイン ] の関連キーワード

カタール スペイン ベルギ

<前へ123456次へ>