本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



森保監督の決断はいかに…ドラマ生まれるW杯メンバー発表、過去6大会を振り返る
11月1日(火)14時からFIFAワールドカップカタール2022に臨む日本代表メンバー26名が発表される。 過去6大会、数々のドラマが生まれたW杯のメンバー発表。三浦知良の落選、巻誠一郎のサプライズ招集などは、今もなおサッカーファンの記憶に深く刻まれていることだろう。過去6大会のメンバーとともに発表...
別窓で開く

「魂のW杯日本初ゴールは忘れない!!」中山雅史、ジャマイカ戦の一撃が話題「ずっと俺のヒーローだった!!」
 24年前の日本サッカー史に残るメモリアルゴールが再脚光を浴びている。 ワールドカップ(W杯)公式ツイッターの日本語版は9月23日、元日本代表FWで、現在はジュビロ磐田でコーチを務める中山雅史が、1998年フランスW杯のジャマイカ戦で決めたゴール動画を公開した。 同日は中山の55回目の誕生日。...
別窓で開く

福西崇史が選ぶ『衝撃を受けたW杯の名試合』4選「あの頭突きは衝撃的でした」
不動のボランチとしてジュビロ磐田の黄金期を支え、2006年開催のドイツワールドカップには、日本代表の中心メンバーとして出場。日本サッカーが世界水準へと飛躍していく瞬間をピッチの中央から見つめていた福西崇史。 そんな福西崇史が、サッカーを徹底的に深掘りする連載『フカボリ・シンドローム』。...
別窓で開く

長谷部誠、遠藤航、鎌田大地、伊藤洋輝。ブンデスで“4人同時先発”の一戦で躍動したサムライたちの現在地
 現地時間9月17日に行なわれたブンデスリーガ第7節、シュツットガルトがホームにフランクフルトを迎えた試合で、4人の日本人選手がスタメンで同じピッチに立ち、フル出場した。結果は3−1で、セットプレーから3つのゴールを決めたフランクフルトが勝利したが、4人それぞれがタスクをこなしながら持ち...
別窓で開く

福西崇史が代表強化試合で注目するポイントは?「伊藤にはボランチとして輝いて欲しい」
不動のボランチとしてジュビロ磐田の黄金期を支え、2006年開催のドイツワールドカップには、日本代表の中心メンバーとして出場。日本サッカーが世界水準へと飛躍していく瞬間をピッチの中央から見つめていた福西崇史。 そんな福西崇史が、サッカーを徹底的に深掘りする連載『フカボリ・シンドローム』。...
別窓で開く

「日本代表に一番足りないピース」内田篤人が絶賛したJリーガーは?「やっぱり上手い」【2021総集編】
 今年も残すところ2週間を切った。本稿では、2021年のサッカー界における名場面を『サッカーダイジェストWeb』のヒット記事で振り返る。今回は、カタール・ワールドカップのアジア最終予選を戦う日本代表に必要とされる人材について、内田篤人氏の見解を再掲する。...
別窓で開く

「日本代表に一番足りないピース」内田篤人が絶賛したJリーガーは?「やっぱり上手い」
 元日本代表DFの内田篤人氏が、DAZNで配信中の冠番組『内田篤人のFOOTBALL TIME』の中で、森保ジャパンに「足りないピース」について語った。 周知の通り、日本代表は10月7日に行なわれたカタール・ワールドカップのアジア最終予選で、サウジアラビアに0‐1と敗北。3試合で2敗目を喫し、窮地に...
別窓で開く


<前へ1次へ>