本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



浦和が3度目のアジア制覇を懸けて宿敵の“あいつら”に挑む!キーマン、勝負のポイントは?【ACL決勝プレビュー】
 浦和レッズがAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の決勝に臨む。今大会は昨年末にカタール・ワールドカップがあったこと、次回から秋春制になること、西側の日程的な事情など、いくつかの要因が重なる形で順延され、4月29日にリヤド(サウジアラビア)のキングファハド国際スタジアムで第1レグが、5月6日に埼玉ス...
別窓で開く

選手寿命を延ばした“三位一体”。カタールW杯でもベテランが活躍、今後は年齢の捉え方を修正すべきか【小宮良之の日本サッカー兵法書】
 カタールワールカップは若手の台頭もあったが、ベテランの健在ぶりの方が目立った。それは空調設備が整ったドーム内でのプレーで、ベテランに有利だったのもあるだろうか。むしろ、経験の方が戦いの中で生きた。  GKは典型的なポジションだろう。 各国、36歳前後の正GKが珍しくなかった。...
別窓で開く

福西崇史がW杯現地取材で感じたカタールの空気「ひとつの街でこれほどたくさんの国のユニフォームを見たのは初めて」
カタールワールドカップをフカボリ!不動のボランチとしてジュビロ磐田の黄金期を支え、2006年開催のドイツワールドカップには、日本代表の中心メンバーとして出場。日本サッカーが世界水準へと飛躍していく瞬間をピッチの中央から見つめていた福西崇史。 そんな福西崇史が、サッカーを徹底的に深掘りする連載『フカボ...
別窓で開く

元日本代表DF伊野波雅彦が現役引退…現地でW杯決勝観戦後に決断「『選手として引き際なんだ』と」
南葛SCに所属する元日本代表DF伊野波雅彦が、19日に自身のツイッターを更新。現役引退を発表した。 現在37歳の伊野波は、鹿児島実業高等学校卒業後に進学した阪南大学を休学して、プロ入りを決断。2006年にFC東京へと加入した。以後は、鹿島アントラーズ、ハイドゥク・スプリト(クロアチア)、ヴィッセル神...
別窓で開く

「やっぱりメッシのチームだった」決勝目前で福西崇史が振り返る、カタールW杯でのアルゼンチンの印象
アルゼンチン代表をフカボリ!不動のボランチとしてジュビロ磐田の黄金期を支え、2006年開催のドイツワールドカップには、日本代表の中心メンバーとして出場。日本サッカーが世界水準へと飛躍していく瞬間をピッチの中央から見つめていた福西崇史。 そんな福西崇史が、サッカーを徹底的に深掘りする連載『フカボリ・シ...
別窓で開く

福西崇史がカタールW杯の優勝候補と目すブラジル代表の強さ「これほど贅沢なチームはそうない」
ブラジル代表をフカボリ!不動のボランチとしてジュビロ磐田の黄金期を支え、2006年開催のドイツワールドカップには、日本代表の中心メンバーとして出場。日本サッカーが世界水準へと飛躍していく瞬間をピッチの中央から見つめていた福西崇史。 そんな福西崇史が、サッカーを徹底的に深掘りする連載『フカボリ・シンド...
別窓で開く

福西崇史が期待するカタールW杯でのアジア勢の躍進「次大会でのアジア枠拡大に向けて結果を残さないといけない」
W杯に出場しているアジア勢をフカボリ!不動のボランチとしてジュビロ磐田の黄金期を支え、2006年開催のドイツワールドカップには、日本代表の中心メンバーとして出場。日本サッカーが世界水準へと飛躍していく瞬間をピッチの中央から見つめていた福西崇史。 そんな福西崇史が、サッカーを徹底的に深掘りする連載『フ...
別窓で開く

昨季限りで磐田退団のDFフォルリン、スペイン3部への移籍が決定
 ジュビロ磐田は24日、昨シーズンまで同クラブに所属していたDFフォルリンがリャゴステラ(スペイン3部リーグ)へ移籍することを発表した。 フォルリンは1988年1月10日生まれの現在33歳で、アルゼンチン出身。これまでにボカ・ジュニオルス(アルゼンチン)、エスパニョール(スペイン)、アル・ラーヤン(...
別窓で開く


<前へ1次へ>