本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



福西崇史が期待するカタールW杯でのアジア勢の躍進「次大会でのアジア枠拡大に向けて結果を残さないといけない」
W杯に出場しているアジア勢をフカボリ!不動のボランチとしてジュビロ磐田の黄金期を支え、2006年開催のドイツワールドカップには、日本代表の中心メンバーとして出場。日本サッカーが世界水準へと飛躍していく瞬間をピッチの中央から見つめていた福西崇史。 そんな福西崇史が、サッカーを徹底的に深掘りする連載『フ...
別窓で開く

1トップを誰にするか? 日本代表の抱える課題に福西崇史「上田綺世のブレイクに期待」
日本代表の1トップをフカボリ!不動のボランチとしてジュビロ磐田の黄金期を支え、2006年開催のドイツワールドカップには、日本代表の中心メンバーとして出場。日本サッカーが世界水準へと飛躍していく瞬間をピッチの中央から見つめていた福西崇史。 そんな福西崇史が、サッカーを徹底的に深掘りする連載『フカボリ・...
別窓で開く

福西崇史は日本代表の欧州遠征をどう見たのか?「改めて遠藤と守田のチームになったと感じた」
日本代表の欧州遠征をフカボリ!不動のボランチとしてジュビロ磐田の黄金期を支え、2006年開催のドイツワールドカップには、日本代表の中心メンバーとして出場。日本サッカーが世界水準へと飛躍していく瞬間をピッチの中央から見つめていた福西崇史。 そんな福西崇史が、サッカーを徹底的に深掘りする連載『フカボリ・...
別窓で開く

【藤田俊哉の目】強烈に放たれるゴールの“匂い”。エクアドル戦、堂安律を「9番」でテストするのも一案
[キリンチャレンジカップ]日本 2−0 アメリカ/9月23日/デュッセルドルフ・アレーナ まずは私事で恐縮だが、このたびジュビロ磐田のスポーツダイレクターに就任することになった。「クラブのために力を貸してほしい」。思い入れのあるクラブからオファーを受けた時、その言葉に心を動かされ、情熱がものすごく湧...
別窓で開く

長谷部誠、遠藤航、鎌田大地、伊藤洋輝。ブンデスで“4人同時先発”の一戦で躍動したサムライたちの現在地
 現地時間9月17日に行なわれたブンデスリーガ第7節、シュツットガルトがホームにフランクフルトを迎えた試合で、4人の日本人選手がスタメンで同じピッチに立ち、フル出場した。結果は3−1で、セットプレーから3つのゴールを決めたフランクフルトが勝利したが、4人それぞれがタスクをこなしながら持ち...
別窓で開く


<前へ1次へ>