本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「キーマンは鈴木啓太だった」中村憲剛が中村俊輔、遠藤保仁と組んだオシムJを回想。南アW杯GS不出場も、決勝Tでは…
 Y.S.C.C.横浜所属の元日本代表MF松井大輔が8月13日、自身のYouTubeチャンネルで最新コンテンツを公開。川崎フロンターレのバンディエラで元日本代表MFの中村憲剛氏が出演し、自身の日本代表での経験を振り返っている。 2003年に川崎フロンターレに入団し、1年目から出場機会に恵まれた中村氏...
別窓で開く

福西崇史がJリーグで対峙して衝撃を受けた『攻撃的なポジションの外国人選手』4選「最初に浮かぶのは『浪速の黒豹』」
不動のボランチとしてジュビロ磐田の黄金期を支え、2006年開催のドイツワールドカップには、日本代表の中心メンバーとして出場。日本サッカーが世界水準へと飛躍していく瞬間をピッチの中央から見つめていた福西崇史。 そんな福西崇史が、サッカーを徹底的に深掘りする連載『フカボリ・シンドローム』。...
別窓で開く

『オシムの言葉』著者・木村元彦による特別寄稿「イビツァ・オシム、名将は最後まで走り続けた」
元サッカー日本代表監督のイビツァ・オシム氏が逝去した。享年80歳。切れ味抜群の話術と確かな手腕で日本サッカーに多大な影響を与えた。その名将の波乱に富んだ半生と独自のサッカー観に迫ったベストセラー『オシムの言葉』(2005年)の著者・木村元彦(きむら・ゆきひこ)氏による特別寄稿——。...
別窓で開く

「『僕のチーム』になるくらいが理想」…常勝軍団復活のカギを握る“新司令塔”樋口雄太
AFCチャンピオンズリーグ(ACL)組が日本離れている間、王者・川崎フロンターレをかわしてJ1首位に浮上したのが、常勝軍団復活を期す鹿島アントラーズだ。「僕らはあくまでチャレンジャー。首位という感覚もない。目の前の一戦に勝つ、前回出た課題を修正して表現することの連続です」とエースFW上田綺世も気を引...
別窓で開く

【橋本英郎】独断と偏見の“J歴代パサー”ベスト10! ヤット、俊さん、ミツオ、憲剛を抑えての第1位は──【2021総集編】
 今年も残すところあと数週間。本稿では、2021年のサッカー界における名場面を『サッカーダイジェストWeb』のヒット記事で振り返る。今回は、FC今治で現役生活を続ける橋本英郎が自身の経験から選んだ“J歴代パサー”ベスト10を再掲する。1位に選んだ選手とは——。...
別窓で開く

【橋本英郎】独断と偏見の“J歴代パサー”ベスト10! ヤット、俊さん、ミツオ、憲剛を抑えての第1位は──
 今回のコラムは、僕がかつて共に戦った、あるいは対戦するなかで感じてきた名パサー10選をお届けしたいと思います。 編集部からの要請でランキング形式にしてみましたので、10位からのカウントダウンで発表していきます。 まず10位は、元ガンバ大阪の【マルセリーニョ・カリオカ】選手です。...
別窓で開く

橋本英郎が選ぶJ歴代ベスト11「対戦したから分かる“衝撃を受けた11人”! すべてで圧倒されたのは…」
 今回は僕が実際に対戦した経験から、Jリーグの歴代ベストイレブンを絞り込んでみたいと思います。新旧のチームメイトはすべて対象外にして、日本代表でも「一緒にプレーしていない選手」を選出条件にしました。 フォーメーションは3−5−2です。 まず、ゴールキーパーは東口順昭選手です。...
別窓で開く


<前へ1次へ>