本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



◆第2のヴァンドギャルドやレッドルゼルを見つけるのがポイント 今年も競馬は中東での大一番が迫ってきました。ドバイワールドCデーです。2011年にはドバイワールドCで日本馬がワンツーフィニッシュを決めるなど、毎年のように活躍する舞台です。 特に近年の躍進は目覚ましく、昨年は日本馬が合計5勝。今年は過去...
別窓で開く

GⅠ載冠馬ドルチェモアはマイル路線向きか!? 才能の片鱗見せたレイベリングを来春クラシック候補に推したい理由【朝日杯FS】
12月18日に来春のクラシック、またはマイル路線の行方を占う一戦の朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ、阪神・芝1600m)が行なわれ、単勝1番人気に推されたドルチェモア(牡2歳/栗東・須貝尚介厩舎)が先団から抜け出して優勝。デビューから3連勝でGⅠタイトルを奪取した。...
別窓で開く

来年のクラシック戦線を占う2歳馬の最重要レース! 追い込みを武器とするダノンタッチダウンに有利な展開か?【朝日杯FS】
翌年のクラシック戦線の行方を占ううえで重要な位置を占めてきた朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ、阪神・芝1600m)。2017年、前身のラジオNIKKEI賞2歳ステークスを発展させるかたちで、2歳戦で初めてとなる中距離GⅠのホープフルステークス(中山・芝2000m)が創設されてからも、その価値は...
別窓で開く

【チャンピオンズカップ】2連覇を狙うテーオーケインズが妥当。相手は百戦錬磨の手綱さばき“くせ者”騎乗の3歳馬が浮上する!?
12月4日(日)、秋のJRAダート王決定戦であるチャンピオンズカップ(GⅠ、中京・ダート1800m)が中京競馬場で行なわれる。史上2頭目の本レース2連覇を懸けて出走するテーオーケインズ(牡5歳/栗東・高柳大輔厩舎)の”一本被り”が予想される今年だが、その評価は妥当なのか?本馬...
別窓で開く

日本代表のサウジ戦快勝に各国メディアの反応は?殊勲者の伊東純也には所属クラブが「この戦士を誇りに思う」
2月1日、カタール・ワールドカップのアジア最終予選が行なわれ、グループBでは2位の日本代表が首位サウジアラビアを2-0で下し、5連勝を飾った。【関連動画】伊東純也の突破から南野拓実が豪快弾!主導権を握ったサウジ戦の先制点をチェック 予選突破に向けて、大きな山場のひとつであるサウジ戦。...
別窓で開く

「ワールドクラスのゴール」ベルギーメディアが“日本の英雄”伊東純也をべた褒め!「常にサウジのDFを苦しめた」
 2月1日に開催されたカタール・ワールドカップ(W杯)最終予選(グループB)の第8節で、勝点15で2位の日本は、同19で首位のサウジアラビアと埼玉スタジアムで対戦し、2ー0で快勝を収めた。 この試合で勝利に大きく貢献したのは伊東純也だ。まず魅せたのは32分。...
別窓で開く

森保監督も最大限のアラートを発信!? 勝てばW杯出場が決まるサウジ相手に中国戦のようなパフォーマンスでは厳しい
 強くなる、強くなると言われても、なかなか強くならない中国サッカー。むしろ弱くなった感じさえする。カタール・ワールドカップ・アジア最終予選、ホームで行なわれた中国戦は2-0で日本が勝利した。【PHOTO】W杯アジア最終予選の中国&サウジ戦に臨む日本代表招集メンバー23名! 日本のスタメンは予想通り。...
別窓で開く

「主役はまたもやイトウだ」3戦連発の伊東純也をベルギーメディアが絶賛!「日本代表の空は完全に晴れた」
 1月27日に開催されたカタール・ワールドカップ最終予選(グループB)の第7節で、勝点12で2位の日本は、同5で5位の中国と埼玉スタジアムで対戦。立ち上がりから主導権を握り、13分に大迫勇也のPKで先制すると、61分には伊東純也のヘディング弾でリードを広げ、2—0できっちりと勝利を収めた。...
別窓で開く

「バースデー男が日本の力に」板倉滉のフル出場&完封勝利貢献に独メディアも歓喜!「やっと先発を許された」
 海の向こうでも、どうやら祝福ムードになっているようだ。 1月27日、カタール・ワールドカップ・アジア最終予選の第7戦、日本対中国が埼玉スタジアムで行なわれ、2-0でホームの日本が勝利を収めた。 グループBで4勝2敗、勝点12で2位と状態でこの試合に臨んだ森保ジャパンは、不動のCBコンビだった吉田麻...
別窓で開く

「日本はベトナムに失敗はしなかった」最低限のミッション達成に海外紙は及第点!「不安定なスタートを切ったが…」
 日本代表は11月11日、カタール・ワールドカップのアジア最終予選で、全敗で最下位のベトナム代表と敵地で対戦。17分に南野拓実のクロスに伊東純也が左足で押し込み、幸先よく先制点を奪うも、以降はVAR介入の末のゴール取り消しもあって追加点は奪えず。1-0と辛勝に終わったものの、確実に勝点3を積み上げて...
別窓で開く


<前へ1次へ>