本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



『ダイ・ハード』にサンタクロースを加えたような作品だよ! 『バイオレント・ナイト』トミー・ウィルコラ監督インタビュー
ブラッド・ピット主演『ブレット・トレイン』やボブ・オデンカーク主演の『Mr.ノーバディ』でスタイリッシュかつド派手なハリウッド製アクションの最先端を独走中の製作集団「87ノース・プロダクションズ」が手がけ映画『バイオレント・ナイト』。武装集団3億ドル強奪計画に巻き込まれたリアル“サンタのおじさん”が...
別窓で開く

MLBにスピード革命をもたらした個性派スイッチヒッター、モーリー・ウィルスが駆け抜けた生涯<SLUGGER>
昨年のトミー・ラソーダ、ドン・サットンに続き、今年もトミー・デービス(首位打者2回)、マイク・ブリトー(フェルナンド・バレンズエラを発掘した国際スカウト)、専属アナウンサーのビン・スカリーと、ドジャースの歴史を彩った人物の訃報が続いている。今度はモーリー・ウィルスで、9月19日に89年の波乱万丈の人...
別窓で開く

八村塁の実力をNBAスカウトが評価!「一言で表すなら“スコアラー”」「(守備は)せいぜい平均レベル」<DUNKSHOOT>
八村塁が所属するワシントン・ウィザーズは、ここ数日間で3選手(ジョーダン・グッドウィン、クエントン・ジャクソン、デイビオン・ミンツ)と契約を結んだことで、トレーニングキャンプならびにプレシーズンゲームに向けて最大20名のロスター枠を埋めた。 そんななか、現地時間9月13日に米スポーツメディア『The...
別窓で開く

平成の松坂と昭和の江川。球史を彩った2人の怪物の物悲しい共通点とは【豊浦彰太郎のベースボール一刀両断!】
松坂大輔(西武)が今季限りの引退を表明した。彼が“平成の怪物”と呼ばれたのは、昭和の時代に元祖“怪物”の江川卓がいたからだが、この2人には共通項が多い。 まずは怪物というニックネームの由来。ともにアマチュア時代の超人的活躍によってのものだ。...
別窓で開く

「名将」というより「チアリーダー」?青い血が流れるラソーダのドジャース生活71年
「I bleed Dodger Blue.(オレにはドジャーブルーの血が流れている)」の名言で知られる元ドジャース監督のトミー・ラソーダが、1月7日に亡くなった。享年93歳。 日本では野茂英雄のデビュー当時の恩師として知られているラソーダだが、1976年から96年まで足掛け21年にわたってドジャース...
別窓で開く

「今のチームが大好き」と“ウィザーズ愛”を語ったウォール。一方で補強の必要性にも言及
マット・バーンズ(元ロサンゼルス・クリッパーズほか)とスティーブン・ジャクソン(元ゴールデンステイト・ウォリアーズほか)がMCを務める人気コンテンツ『ALL THE SMOKE』。その最新エピソードが、4月30日(日本時間5月1日、日付は以下同)にYouTubeで公開された。...
別窓で開く


<前へ1次へ>