本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



でた!スズキ「ジムニー5ドア」 1.5Lで車体長く インドで発表
本当の“ベビーG”や!人気のジムニーに5ドア仕様が登場 スズキのインド子会社マルチ・スズキは2023年1月12日、インド・デリー近郊で開催されている「Auto Expo 2023」にて新型「ジムニー5ドア」、新型SUV「フロンクス」の2車種を発表しました。 現行の4代目ジムニーは2018年に日本で生...
別窓で開く

なぜダイハツの新型タントは月販目標の4倍も鬼売れしているのか?
総再生回数は1億6000万回を突破(!)。ちなみに「ウナ丼_STRUT_エンスーCARガイド」に上がっているタント ファンクロスの再生回数は17万回以上10月3日にマイチェンしたダイハツの軽自動車「タント」が、発売1ヵ月で5万台を売り大きな注目を集めている。...
別窓で開く

「アウトドア風味の軽」なぜ続々? “なんちゃってSUV”を地でいく 軽のしたたか戦略
軽自動車、しかも生活の実用性を高めたスーパーハイトワゴンに、「アウトドア風」デザインのモデルが相次ぎ登場しています。タフな見た目ではあるものの、SUVのような走行性能は望めません。その狙いは、全く別のところにあります。...
別窓で開く

なんという不意打ちであろうか。三菱自動車が、SUVテイストの軽自動車を開発しているという噂はあった。しかし、それは「パジェロミニの復活ではないか」という憶測であった。まさか、「デリカミニ」が登場するなど、多くの人は予想していなかったであろう。なぜって、「デリカD:5」は3列シートのミニバンだからだ。...
別窓で開く

道なき道も突き進む!無敵のSTRONG VEHICLE 6台【趣味と遊びのタフネスGEAR】
【趣味と遊びのタフネスGEAR】未舗装路はもちろん、ちょっとしたガレ場さえも走破する、武骨で頼れるクルマに惹かれる人は少なくない。国産車では“ランクル”の愛称で親しまれ、世界中で支持されるランドクルーザーが王道。中でも、世界一過酷と称されるダカールラリーで得たノウハウがフィードバックされたGR SP...
別窓で開く

災害時に“ガチで役立つ”クルマ5選
我が国ニッポンは、紛れもない“災害大国”です。いや決して煽るつもりはないのですが、事実は事実。日々、地震、津波、噴火、洪水といった数多のリスクと隣り合わせで生活しているのです。近年、防災意識は高まりつつあり、水や食料などを備蓄する人も増えていますが、クルマにまで目を向ける人はごく少数。...
別窓で開く

トヨタで一番コンパクトなSUV「ライズ」 人気の理由は?燃費や価格が秘訣に
− トヨタライズの特徴とは −トヨタのSUVは、本格オフローダーのランドクルーザーを頂点に、ハリヤー、RAV4、カローラクロスなど、様々な種類のSUVをラインナップしています。その中でもライズは、トヨタブランドのSUVの中で一番コンパクトなデザインを採用したSUVとして知られています。...
別窓で開く

警察庁が高齢者向け「サポカー限定免許」の対象車を発表 トヨタGR86やランドクルーザーも、選択の幅広く
警察庁が高齢者向けに2022年5月13日から導入する「安全運転サポート車(サポカー)」限定免許で運転できる国内8メーカーの対象車種を初めて公表した。自動ブレーキやアクセルとブレーキの踏み間違い対策などがあるサポカーの中から、今回はトヨタ自動車、日産自動車、ホンダなど国内乗用8メーカーの125車種が対...
別窓で開く

【ハスラー・タフト・ekクロス】注目の軽クロスオーバーSUV3台を徹底解説!
− ハスラー・タフト・ekクロス、それぞれの車の特徴とは −乗用車の車体をベースに、本格的なオフロード車風のスタイリングを施したクロスオーバーSUVが世界的に人気です。日本でも軽自動車のクロスオーバーSUVが注目されており、2021年の軽自動車新車販売ランキングのベスト15に、クロスオーバーSUVの...
別窓で開く

いま軽自動車が激アツ!Outdoor Best Matching Car 5選【趣味な男の欲しいモノと秘密基地】
【趣味な男の欲しいモノと秘密基地】アウトドアに最適なクルマというと、まずSUVが思い浮かぶが、現在のそれはどちらかというと街中想定のものが多く、車高がやや高いことで乗り降りしやすい、荷物が載せやすいといった理由から選んでいる人も少なくない。では広くてガツガツ使えて、狭い道や山奥にも平気で入れるクルマ...
別窓で開く



<前へ1234次へ>