本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



納車まで1年待ち「スズキ・ジムニー」待望の5ドア登場も「海外専売」に飛び交う悲鳴
 スズキ・ジムニー5ドアの発売が、インドで正式発表された。待望の5ドアの登場に「ジムニスト」からは一斉に歓喜の声が上がったが、海外専売であることが判明すると一転、ガックリモード全開となっている。 ジムニーはスズキが1970年から市販している軽自動車の、オフロード四輪駆動車。18年に4代目となる新型が...
別窓で開く

でた!スズキ「ジムニー5ドア」 1.5Lで車体長く インドで発表
本当の“ベビーG”や!人気のジムニーに5ドア仕様が登場 スズキのインド子会社マルチ・スズキは2023年1月12日、インド・デリー近郊で開催されている「Auto Expo 2023」にて新型「ジムニー5ドア」、新型SUV「フロンクス」の2車種を発表しました。 現行の4代目ジムニーは2018年に日本で生...
別窓で開く

キミを選んでよかった!頼れる相棒は年上の「ジムニー」【「男の趣味部屋」「理想の愛車」拝見】
【「男の趣味部屋」「理想の愛車」拝見】インドア・アウトドアに関わらず、趣味を持つことは毎日を楽しく、そして人生を謳歌するのに大切なエッセンス。そんな趣味を楽しむにあたり、インドア派にとっては趣味部屋、アウトドア派にはクルマが欠かせない存在となるだろう。そこで、さまざまな趣味ライフを満喫している人たち...
別窓で開く

なぜダイハツの新型タントは月販目標の4倍も鬼売れしているのか?
総再生回数は1億6000万回を突破(!)。ちなみに「ウナ丼_STRUT_エンスーCARガイド」に上がっているタント ファンクロスの再生回数は17万回以上10月3日にマイチェンしたダイハツの軽自動車「タント」が、発売1ヵ月で5万台を売り大きな注目を集めている。...
別窓で開く

「スズキ ジムニー シエラ」 神奈川県警察・機動隊仕様のダイキャスト製モデルカー
ミニカー専門店「モデルギャラリー HIKO7」を運営するヒコセブン(横浜市)は、「RAI'S」ブランドから、ダイキャスト製モデル「スズキ ジムニー シエラ(JB74W)2020 神奈川県警察警備部機動隊 多目的災害対策車両」を、2022年12月9日に直営店「モデルギャラリーHIKO7」実店舗およびウ...
別窓で開く

切り通しもラクラク? 消防「ジムニー」鎌倉&大船に配備 12/1から運用スタート
カラダは小さいけど頼れるタフガイ。鎌倉消防署と大船消防署に配置予定 神奈川県の鎌倉市は2022年11月22日、同消防本部向けにスズキ「ジムニー」ベースの消防車両が納車されたと発表しました。 引き渡されたのは2台で、これらは災害対応多目的車として南部の鎌倉消防署と北部の大船消防署に1台づつ配置され、1...
別窓で開く

悪路走破性はピカイチ?「ジムニー」消防車 秋田にお目見え 地元ディーラーが寄贈
21世紀版『じぷた』って言えなくもない?本部配置で連絡業務や資機材搬送がメイン 秋田県南部の湯沢市、羽後町、東成瀬村の3自治体を管轄区域とする湯沢雄勝広域市町村圏組合は2022年11月16日、同消防本部向けに消防車両1台の寄贈を受け、寄贈元である有限会社オートステーションアキタ(羽後町)へ感謝状の贈...
別窓で開く

ボンネットは小物入れ!「ジムニー シエラ」型のウエットティッシュケースが気になるぞ!
コンパクトなサイズながら本格的なオフロード車として、長年愛され続けている軽四輪駆動車の“ジムニー”と小型四輪駆動車“ジムニー シエラ”。唯一無二の存在感と圧倒的な人気により、納車されるまで時間が掛かるのはもはや常識となっていますが、気軽に買うことができちゃう一風変わった“ジムニー シエラ”があるんで...
別窓で開く

「アウトドア風味の軽」なぜ続々? “なんちゃってSUV”を地でいく 軽のしたたか戦略
軽自動車、しかも生活の実用性を高めたスーパーハイトワゴンに、「アウトドア風」デザインのモデルが相次ぎ登場しています。タフな見た目ではあるものの、SUVのような走行性能は望めません。その狙いは、全く別のところにあります。...
別窓で開く

なんという不意打ちであろうか。三菱自動車が、SUVテイストの軽自動車を開発しているという噂はあった。しかし、それは「パジェロミニの復活ではないか」という憶測であった。まさか、「デリカミニ」が登場するなど、多くの人は予想していなかったであろう。なぜって、「デリカD:5」は3列シートのミニバンだからだ。...
別窓で開く


[ ジムニ スズキ ] の関連キーワード

ダイハツ インド デリカ スズキ ジムニ
神奈川

<前へ123456789次へ>