本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



切り通しもラクラク? 消防「ジムニー」鎌倉&大船に配備 12/1から運用スタート
カラダは小さいけど頼れるタフガイ。鎌倉消防署と大船消防署に配置予定 神奈川県の鎌倉市は2022年11月22日、同消防本部向けにスズキ「ジムニー」ベースの消防車両が納車されたと発表しました。 引き渡されたのは2台で、これらは災害対応多目的車として南部の鎌倉消防署と北部の大船消防署に1台づつ配置され、1...
別窓で開く

悪路走破性はピカイチ?「ジムニー」消防車 秋田にお目見え 地元ディーラーが寄贈
21世紀版『じぷた』って言えなくもない?本部配置で連絡業務や資機材搬送がメイン 秋田県南部の湯沢市、羽後町、東成瀬村の3自治体を管轄区域とする湯沢雄勝広域市町村圏組合は2022年11月16日、同消防本部向けに消防車両1台の寄贈を受け、寄贈元である有限会社オートステーションアキタ(羽後町)へ感謝状の贈...
別窓で開く

ハイエースに「モールシステムシェード」を追加して車中泊をより便利に!
釣りやサーフィン、スキーなど早朝が勝負のあそびではちょっと早めに現地に到着、車内で仮眠をとりながら日の出を待つなんてことがあります。いわゆる車中泊なんですが、困るのが窓。そのままだと寒いし、外からのぞかれる不安もあるわけです。...
別窓で開く

ボンネットは小物入れ!「ジムニー シエラ」型のウエットティッシュケースが気になるぞ!
コンパクトなサイズながら本格的なオフロード車として、長年愛され続けている軽四輪駆動車の“ジムニー”と小型四輪駆動車“ジムニー シエラ”。唯一無二の存在感と圧倒的な人気により、納車されるまで時間が掛かるのはもはや常識となっていますが、気軽に買うことができちゃう一風変わった“ジムニー シエラ”があるんで...
別窓で開く

「アウトドア風味の軽」なぜ続々? “なんちゃってSUV”を地でいく 軽のしたたか戦略
軽自動車、しかも生活の実用性を高めたスーパーハイトワゴンに、「アウトドア風」デザインのモデルが相次ぎ登場しています。タフな見た目ではあるものの、SUVのような走行性能は望めません。その狙いは、全く別のところにあります。...
別窓で開く

なんという不意打ちであろうか。三菱自動車が、SUVテイストの軽自動車を開発しているという噂はあった。しかし、それは「パジェロミニの復活ではないか」という憶測であった。まさか、「デリカミニ」が登場するなど、多くの人は予想していなかったであろう。なぜって、「デリカD:5」は3列シートのミニバンだからだ。...
別窓で開く

無骨なジムニーをより魅力的にしてくれる快適・便利アイテム5選
ホンモノの道具としての機能美、無骨さが、魅力となっているスズキ・ジムニー&ジムニーシエラ。他に類をみない高い悪路走破性を持っている一方で、ユーザーには物足りない部分があることも否めません。特に便利系・快適系の装備は十分とはいえず、ドライブ中にちょっとしたことが気になったりします。...
別窓で開く

厳選したギアで楽しむキャンプツーリング【返り咲き!シン・バイクライフ】
【返り咲き!シン・バイクライフ】真夏の猛暑はひと段落したが、バイク熱は変わらずアツい。とにかくアツい。今のバイクは安全性や快適性が大幅にアップし、ひと昔前にはなかった360°カメラといったバイクライフがより楽しくなる周辺ギアも続々登場し、バイクの楽しみ方も多様化している。そんなバイクライフを謳歌中の...
別窓で開く

絶滅寸前?アクリル板付きパトカーが風前の灯 そもそもなぜついているのか
最近では見かけることが少なくなったバグガード付きのパトカー。しかも当初は装備していても、転属に伴って外してしまうこともあるようです。あると便利そうなのに、なぜ非装備になったのでしょうか。2000年代初頭が有り無しのライン ひと昔前のパトカーには備えられていたものの、最近のパトカーではあまり見かけなく...
別窓で開く

夏休みのドライブは、これ! 自動車用の最新アイテムを紹介
毎週、気になるグッズ、ホビー、ゲームをフワっとレビューする即買いガジェット。今週は自動車用の最新アイテムです。ここ数年のキャンプ、車中泊ブームで、関連アイテムが急増中。なかでも大ヒット中なのが、ポータブル電源だ。実はこちら、自宅内での利用でも人気商品なんです。...
別窓で開く


[ ジムニ ] の関連キーワード

モールシステムシェード デリカ