本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



“暴走族スタイル”のランボルギーニ、“全面メタル彫刻”のインパラ……国内最大の“改造車フェス”で出会った“ヤバい車”を徹底ルポ
 2022年1月14日〜16日の3日間、2年ぶりに「カスタムカーの祭典」東京オートサロンが有観客で開催された。毎年カーメディアが大々的に取り上げ、車好きには知らぬ人のいないイベントだが、「東京モーターショー」と比べると一般の認知度は低い。...
別窓で開く

田中律子 現在の愛車はジムニー4代目モデル、今探しているのは「ワーゲンバス」
 女優の田中律子(50)が22日放送のBS日テレ「おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR,NO LIFE!」(土曜後9・00)に出演し、現在の愛車などについて語った。 最近は、2012年にジムニー3代目モデル(特別仕様車のクロスアドベンチャー)を購入。...
別窓で開く

もう愛車だという人も欲しいな〜と思ってる人も飾りたくなる現行ジムニーのミニカー登場!
日本独自のガラパゴス規格と言われながら、庶民の足として様々な場所で活躍する軽自動車。小さいながらも、ありとあらゆる英知を結集したコンパクトな作りはアイデアの塊。日本が世界に誇る車のひとつです。その軽自動車の中でも、納品まで1年とか1年半なんてことがいまだに続いている大人気の4代目ジムニーが、1/43...
別窓で開く

東京で働き週末は八ヶ岳の山荘で 現役サラリーマンが実践「2拠点生活」成功のコツ
【コロナ後の新世界の歩き方】2拠点生活(東京ー八ヶ岳) 金曜日になると定時に会社を出て、新宿駅午後7時発の特急あずさ49号に飛び乗る。約2時間後、小淵沢駅に降り立つと、駅前駐車場に常駐させている愛車の4WDジムニーのアクセルを踏み込んだ。 そこは八ケ岳の麓の管理別荘地にある三角屋根の小さな2階建ての...
別窓で開く

「みんなと違う車がいい」なら、どんな車? 個性派のクルマ5選
自分の車が欲しいけれど、なかなかコレ!と思うようないい車がない…という方はいらっしゃいますでしょうか。国産メーカーだけでも、新車と中古車を合わせると多くの車種が売られていますし、グレード分けするとさらによくわからなくなってしまうかもしれません。今回は、せっかく自分の車を買うのだから他の人とは違った車...
別窓で開く

ジムニーの燃費は?ほかの軽自動車・4WDオフロード車と比較!
昨今、スズキ・ジムニーの人気が高まってきています。コロナ禍を背景に三密が回避できるレジャーとしてキャンプが普及するなどし、4WDオフロードかつ軽自動車という特徴がユーザーに刺さっているようですね。今回は4WDオフロードでありながら軽自動車であるジムニーの燃費について他の軽自動車や4WDオフロード車と...
別窓で開く

◆八ヶ岳での暮らしには四駆が生活必需品 アウトドアイベントプロデューサーとして活躍する伊澤さんは、いまから5年ほど前に東京から長野県富士見町に移住を果たし、八ヶ岳南麓に広がる森の中で暮らしている。「八ヶ岳ベース」と名づけられたこの森全体がキャンプフィールドになっていて、その一角に建つ2年半がかりでセ...
別窓で開く

ガレージにこもり“没入”!クルマいじりの愉悦【快適ラクチン趣味活モノ】
【快適ラクチン趣味活モノ】愛車のメンテナンスやカスタムといったいわゆる“クルマいじり” は、多くの専門誌が存在することからも分 かるとおり、時を忘れて没頭してしまうほどの魅力を備えている。そんなガレージライフを日々満喫している西野義行さんに、ハマる理由を聞いてみた。...
別窓で開く

生誕70周年! トヨタ「6代目ランクル」が、世界でウルトラ大人気のワケ
8月2日に発売されたトヨタの新型ランドクルーザーの人気が爆発! グレードによっては納期が5年なんて話も出ている。そこで、自動車ジャーナリストの小沢コージが、ワインディングを含む300㎞の公道ガチ試乗を敢行。6代目の人気の秘密と実力に迫ってきた。...
別窓で開く

あらゆるフィールドで大活躍!華麗なる“ハコ車”6選【趣味な男の収納ギア】
【趣味な男の収納ギア】趣味の道具箱と考えると、ある意味クルマも“動く道具箱”。趣味の道具を詰め込ん で、海へ山へとえんやこら。そんなアウトドアを趣味にする人たちにオススメの一台を、 クルマとアウトドアをこよなく愛するフリーライター、高橋 満さんに紹介してもらった。...
別窓で開く


[ ジムニ ] の関連キーワード

ランクル 八ヶ岳 トヨタ