本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



アフリカでヤクザが中国マフィアとタッグを組んでやっていた違法ビジネス 元公安警察官の証言
 日本の公安警察は、アメリカのCIA(中央情報局)やFBI(連邦捜査局)のように華々しくドラマや映画に登場することもなく、その諜報活動は一般にはほとんど知られていない。警視庁に入庁以後、公安畑を十数年歩き、数年前に退職。昨年9月に『警視庁公安部外事課』(光文社)を出版した勝丸円覚氏に、日本の暴力団と...
別窓で開く

じつは意外に多いヤクザの自殺 2つの実例から見えてくる根本的な原因とは
 2021(令和3)年における日本の自殺者数は約2万1000人だった。平均して毎月2000人近くが自殺している。日本の自殺者総数は、近年では多少の減少傾向もあるが、このように毎年2万人強の数値をコンスタントに弾き出している(作家・ノンフィクションライター・藤原良)。...
別窓で開く

「6代目山口組傘下」の3次団体組長が秋葉原でコンカフェのコンサルタントに刺殺されたワケ
■5代目國粹会の幹部 東京・秋葉原で男性が刃物で刺されて死亡した事件で、警視庁万世橋署は7月22日、殺人容疑で佐々木文俊容疑者(35)を逮捕した。犯行の直前、両者は別の男性も含めた3人で話し合いを持っていたというが、事件の背景には何があったのか? 元山口組系義竜会会長の竹垣悟氏(現在は暴力団組員の更...
別窓で開く

暴力団ユーチューバー逮捕! YouTube毎月70万円儲け「新たな資金源になっていた可能性」
ユーチューバー、皆さんはなりたいですか? 進研ゼミ小学講座が発表した『小学生がなりたい職業ランキング2021』によると、1位はユーチューバー、2位は漫画家・イラストレーター・アニメーター、3位は芸能人という結果になったそうです。暴力団ユーチューバー逮捕小学生のみならず、暴力団員もユーチューバーにあこ...
別窓で開く

逃げた組員の代わりに妻が小指を... "剛腕マル暴"が明かす暴力団捜査のリアル
 暴力・殺人・抗争・恐喝など、社会の"裏側"で暗躍する「暴力団」。日常生活を送るうえで一切関わり合うべきではない反社会的勢力だが、構成員が自分のすぐ近くにいる可能性は否定しきれない。いつ凶悪事件に巻き込まれてもおかしくはなく、身の周りで不穏な気配や不可解な出来事が起きていないか常に意識すべきだろう。...
別窓で開く

現役ヤクザの隠れたシノギ!「取り込み詐欺」と「せどり(転売)」ビジネスとは?
どうも特殊犯罪アナリストの丸野裕行です。1月13日、警視庁本部は、食品販売会社の社員を装い、海産物や食肉の販売業者から商品を騙し取ったとして、広域指定暴力団組員の2人を含む9人の男を詐欺容疑で逮捕しました。容疑者たちは、ケイズコーポレーションなる実体がない食品販売会社の社員を名乗り、約300万円分の...
別窓で開く


<前へ1次へ>