本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



新たな法律を作らない限り…「チャイニーズドラゴン」の通訳をして思うこと【司法通訳人は見た!ニッポンの外国人】
(写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ)【司法通訳人は見た!ニッポンの外国人】#9 在日中国人の間にはいくつかの“黒社会”組織が存在する。今でいう反社で、出身地域によって、〈福建幇〉〈上海幇〉〈北京幇〉〈広東幇〉〈東北幇〉などに分かれて結成されるが、どこもお金のために身をていして、刃物や拳銃を使って平気...
別窓で開く

警察当局が極秘作成した「半グレ“マル秘資料”」を独占入手(2)地方にも半グレグループが…
 X氏が話したAの実名をもとに、過去の新聞報道を調べていくと、確かに11年に強盗で逮捕された記事に行き着いた。ただ、Aの肩書は「自称会社役員で不良グループ『ドラゴン』のリーダー」となっていた。 この「怒羅権」と「ドラゴン」との違いについて理解するためには組織の成り立ちからの来歴を知る必要がある。...
別窓で開く

《チャイニーズドラゴン乱闘騒ぎの全真相》出所してきた主役に別派閥の男が殴りかかり、約10人が大立ち回り…「もぬけの殻の会場は料理やビール瓶が散乱し、テーブルはひっくりかえっていた」
 東京・池袋の家族連れに人気のスポット「サンシャインシティ」で勃発した乱闘騒ぎが大きな注目を集めている。事件が起きたのは10月16日18時半頃。「サンシャイン60」の58階に入るフレンチレストランの従業員から、「客同士がケンカして暴れている」と110番通報が入った。社会部記者が解説する。...
別窓で開く

《サンシャイン乱闘騒ぎ》「切ると刺すでは違うのだ。本当に殺したければ刺すのが一番だ」怒羅権初代総長が語る中国人犯罪グループの“省民性”
《サンシャイン乱闘騒ぎ》「ナイフの背にギザギザがあるだろ? あれがあばら骨に引っかかり…」怒羅権の喧嘩で、刃物は日常茶飯事だった から続く 東京・池袋の高層ビル「サンシャイン60」のレストランで16日夕に発生した乱闘騒ぎ。準暴力団の「チャイニーズドラゴン」のメンバーが加わっていたとされ、仲間の出...
別窓で開く

中国人マフィアってどんなシノギをしているの?「元蛇頭関係者」に話を聞いてみた
どうも特殊犯罪アナリスト&裏社会ライターの丸野裕行です。あなたは日本国内にいるチャイニーズマフィアがどのようなことを生業にしているのかを知っていますか?そんな中国人マフィアの中でも『蛇頭』という組織の名前を一度でも耳にしたことがあると思います。...
別窓で開く


<前へ1次へ>