本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



世界1200都市を訪れ、1万冊超を読破した“現代の知の巨人”、稀代の読書家として知られる出口治明APU(立命館アジア太平洋大学)学長。世界史を背骨に日本人が最も苦手とする「哲学と宗教」の全史を初めて体系的に解説した『哲学と宗教全史』が「ビジネス書大賞2020」特別賞(ビジネス教養部門)を受賞。発売3...
別窓で開く

チャールズ国王、バルモラル城に移動 女王のお気に入りの場所で喪中期間に入る
エリザベス女王の国葬後、チャールズ国王とカミラ王妃がスコットランドのバルモラル城へと移動した。王室メンバーは女王の埋葬後7日間喪に服するため、この期間中は公式行事への参加を控えることになる。現地時間19日にロンドンのウェストミンスター寺院でエリザベス女王の国葬が営まれた。その後、棺はウィンザー城に運...
別窓で開く

故エリザベス女王の「愛に満ちた思い出に」 バッキンガム宮殿が秘蔵写真を公開
エリザベス女王の国葬後、バッキンガム宮殿が女王の未公開写真を公開した。女王は現地時間19日、亡き両親と妹と夫が眠る国王ジョージ6世教会に埋葬された。現地時間19日、ロンドンのウェストミンスター寺院でのエリザベス女王の国葬後、ウィンザー城の敷地内にある聖ジョージ教会で埋葬礼拝が執り行われた。...
別窓で開く

2年半の時を経て深化した『ヘンリー八世』開幕 吉田鋼太郎、阿部寛ら初日コメント到着
演出&出演・吉田鋼太郎、主演・阿部寛による舞台『ヘンリー八世』が、9月16日埼玉・彩の国さいたま芸術劇場大ホールにて初日を迎え、舞台写真とコメントが届いた。本公演は元々2020年2月に上演されていたが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の余波を受けて、終盤の公演が中止に。...
別窓で開く

エリザベス女王「プラチナ・ジュビリー」を記念する馬術の祭典に出席 笑顔で式典を楽しむ
エリザベス女王(96)が「ロイヤル・ウィンザー・ホース・ショー」の最終日に開催した「プラチナ・ジュビリー」の祝賀式典に出席した。女王が会場に現れると、集まった観客がスタンディングオベーションで歓迎。ロイヤルボックスに座った女王は笑顔で拍手を送るなど馬術を大変楽しんでいる様子だった。...
別窓で開く

「となりのトトロ」が初の舞台化 エグゼクティブ・プロデューサーは久石譲 10月8日ロンドンで開幕
 宮崎駿監督のアニメーション映画「となりのトトロ」が、イギリスの名門演劇カンパニーである「ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー(RSC)」によって、初めて舞台化されることが決定しました。ロンドンのバービカン劇場にて2022年10月8日〜2023年1月21日の期間で上演されます。...
別窓で開く

実は怖い。「死」を連想させる花17選
お見舞いの時、鉢植えのものや強い香りのものはNGなど、花を贈る時に気を付けたいマナーはよく知られています。実際、花を選ぶ際にはそういったマナーを気にする人も多いのではないでしょうか。同時にちょっと確認してほしいのが、「死」を連想させる花言葉です。元気づけたい、前向きになってほしいと花を選んだのに、「...
別窓で開く

圧巻のカリスマ性! 「英国王室」肖像画展にウィリアム王子一家の写真も
15世紀に始まるテューダー朝から現在のウィンザー朝まで、英国に君臨した国王と女王陛下の肖像画がこの秋「ロンドン・ナショナル・ポートレートギャラリー所蔵 KING&QUEEN展」として、海を渡ってやってくる。そのカリスマ性ときたら圧巻だ。世界で一番注目を集める一族、英国のロイヤルファミリー。...
別窓で開く


<前へ1次へ>