本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



◆ターニングポイントはクリミア攻撃—— ロシアがウクライナに軍事侵攻を始めてから9か月がたとうとしています。戦争は完全に泥沼化しており、停戦の兆しは見られません。東郷さんは先日『プーチンVS.バイデン』を刊行しましたが、現在の状況をどのように見ていますか。東郷和彦氏(以下、東郷) 戦争が始まって以来...
別窓で開く

浅野を香川はシンジてた! 8戦全勝の“ジャガー弾”コスタリカ戦連発信じてる!
 ◇FIFAワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグE組 日本2—1ドイツ(2022年11月23日 ハリファ国際競技場) 得点を決めれば8戦全勝。ジャガー神話は世界の大舞台でも生きていた。一夜にして時の人となった日本代表FW浅野はリラックスした表情で練習場に現れた。24日は別メニューでの調整。...
別窓で開く

独移籍の福井太智に海外メディアも熱視線? 将来性にも大きな期待 「成長のための階段は用意されている」
未来豊かなサムライに、早くも期待が寄せられている。 先月28日、サガン鳥栖からバイエルン・ミュンヘンに移籍が発表された福井太智。18歳という年齢にして、欧州屈指の名門への移籍が実現した要因は、言うまでもなくその無限に広がる将来性が見込まれたことが大きい。...
別窓で開く

元マンU戦士ナニのAリーグ電撃挑戦に豪メディアも興奮! “小野伸二級”の影響力に期待「貴重な存在になる」
かつてマンチェスター・ユナイテッドで黄金期を築いた名将アレックス・ファーガソン。その薫陶を受けた名手が、アジアで新たなキャリアをスタートさせる。 去る7月12日、オーストラリアのAリーグが誇る強豪メルボルン・ビクトリーは、元ポルトガル代表MFナニの獲得を発表した。...
別窓で開く

衝撃! ヤツメウナギは吸血動物だった。
 吸血コウモリ、蚊、ダニ、ノミ......のほかにも「血を吸う動物」はたくさんいた! 2022年7月8日、グラフィック社より、『図説 世界の吸血動物』(監修:浅川満彦)が発売される。『図説 世界の吸血動物』(監修:浅川満彦) 『図説 世界の吸血動物』は、寄生虫が専門の浅川満彦さんをはじめとする各分野...
別窓で開く

台湾有事を引き起こしかねない「アメリカに対する中国の“誤解”」
青山学院大学客員教授でジャーナリストの峯村健司が4月22日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。4月20日に初めて行われた米中国防相会談について解説した。あいさつする中国の習近平国家副主席(当時、右)と、バイデン米副大統領(当時)=2011年8月19日、北京市内(共同) 写真提...
別窓で開く

「カガワはアジアでは絶大な人気」香川真司のシント=トロイデン入り有力と地元メディアが報道。経済面でのメリット「新たなビジネス展開も視野に」
元日本代表の香川真司の新たな所属先として、ベルギーリーグのシント=トロイデン入りのニュースが海外メディアで報じられている。先月末にギリシャのPAOKテッサロ二キを退団し、去就が注目を集めていた。 今回、ベルギーのサッカーサイト『Voetbalbelgie.be』より配信された「シンジ・カガワ、STV...
別窓で開く

チームカラーは同じ「赤・白・黒」。浦和がタイ1部ムアントン・Uとパートナーシップの覚書を締結
 浦和レッズは9月16日、タイリーグ1に所属するムアントン・ユナイテッドと新たにパートナーシップに関する覚書を締結したことを発表した。 ムアントン・ユナイテッドは浦和レッズと同じ「赤・白・黒」のカラーをチームアイデンティティの一つとする、タイリーグの中でも有数の強豪クラブ。これまでJリーグにも多くの...
別窓で開く

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の制作に使用された「第3村ミニチュアセット」が「SMALL WORLDS TOKYO」にて期間限定公開中! (モデル:十束おとは)
世界最大級の屋内型のミニチュア・テーマパーク「SMALL WORLDS TOKYO(以下、スモールワールズ TOKYO)」。9月20日までの期間限定で、映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の制作で使用された「第3村ミニチュアセット」が展示されています。映画の画面に最適なカメラアングルを探りながら、こ...
別窓で開く

【セブ・パシフィック航空】新型コロナ感染収束までのキャッシュフローは万全!
 2021年4月8日、フィリピン最大の航空会社セブ・パシフィック航空は、2020年通期(2020年1〜12月)の決算を発表した。 新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、旅客数は前年比78%減の500万人、総飛行回数は前年比71%減の4万1804回となり、純損失は222億フィリピンペソ(日本円で約50...
別窓で開く


<前へ12次へ>