本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【レジェンドの素顔9】ミスもするがエースも取る。テニス界に変化をもたらした男、ジミー・コナーズ│前編<SMASH>
大一番におけるスーパースターたちの大胆さや小心をのぞいていくシリーズ「レジェンドの素顔」。今回からはジミー・コナーズを取り上げる。 オーソドックステニスの模範とまで言われたケン・ローズウォールを完全に打ち破ることで、ジミー・コナーズは、スピードテニスの時代をもたらした。...
別窓で開く

「彼は常に相手をいじめている」悪童キリオスと世界5位チチパスの3時間越えの試合が大荒れ!「彼はとても軟弱だ」<SMASH>
テニスの聖地で実現した大会屈指の好カードは何とも後味の悪い形で終わりを告げた。 現地7月2日に行なわれたテニス四大大会「ウインブルドン」の男子シングルス3回戦で世界40位のニック・キリオス(オーストラリア)と同5位のステファノス・チチパス(ギリシャ)が対戦。...
別窓で開く

19歳アルカラス、ウインブルドン初の16強入り!「より快適にプレーできるようになった」と芝コートにも順応<SMASH>
テニス四大大会「ウインブルドン」は現地7月1日に男子シングルス3回戦が行なわれ、今季だけでツアー4勝を挙げている19歳のカルロス・アルカラス(スペイン/世界ランク7位)が登場。第32シードのオスカー・オッテ(ドイツ/同36位)を6−3、6−1、6−2で下し、同大会初となるベスト16入りを決めた。...
別窓で開く

フェデラー、ナダル、マリーが共闘!テニス版“ドリームチーム”が9月開催のレーバーカップで実現へ<SMASH>
チーム・ヨーロッパ(欧州選抜)とチーム・ワールド(世界選抜)が戦う男子団体戦の「レーバーカップ」(イギリス・ロンドン/9月23日〜25日)。ロジャー・フェデラーがオーガナイズして2017年にスタートし、毎年豪華なメンバーが揃うことで知られる人気大会に、今年は新たなビッグネームが加わることになった。...
別窓で開く

足痛から解放されたナダル、ウインブルドン3回戦進出!「毎日がチャレンジ」とさらなる高みへ<SMASH>
現在開催中のテニス四大大会「ウインブルドン」で、シングルス3回戦へ駒を進めた男子テニス元世界王者のラファエル・ナダル(スペイン/現4位)。 先の全仏オープンでグランドスラム(四大大会)22度目の優勝を飾った36歳のレジェンドは数週間前、長らく抱えてきた慢性的な左足の痛みを理由に「テニスをすることに幸...
別窓で開く

ウインブルドンで新型コロナ感染3人目!バウティスタアグートが2回戦を棄権「最善の判断だと思う」<SMASH>
男子テニス世界ランク19位のロベルト・バウティスタアグート(スペイン)が新型コロナウイルスの感染により、出場を予定していたテニス四大大会「ウインブルドン」の男子シングルス2回戦を棄権した。 2019年大会ではベスト4に進出した34歳のバウティスタアグート。...
別窓で開く

女王シフィオンテクがウクライナ支援のチャリティーマッチを開催。戦場にいる元31位スタコフスキも参加<SMASH>
女子テニス世界ランク1位のイガ・シフィオンテク(ポーランド)が自身の公式インスタグラム(@iga.swiatek)で、ウクライナ支援を目的としたチャリティーマッチを母国ポーランドで開催すると発表した。 今年2月に始まったロシアのウクライナ侵攻は依然として収束の兆しが見えず、スポーツ界にも大きな影響を...
別窓で開く

よほど空腹だった? キリオスがウインブルドンの会見中に寿司をほおばるユニーク行動<SMASH>
破天荒な性格と歯に衣着せぬ物言いでテニス界の「悪童」とも称されるニック・キリオス(オーストラリア/世界ランク40位)のある行動がSNS上で話題を呼んでいる。 現地6月28日に行なわれたテニス四大大会「ウインブルドン」の男子シングルス1回戦で、地元勢のポール・ジャブ(219位)に3−6、6−1、7−5...
別窓で開く

【雑草プロの世界転戦記2】チュニジアの下部ツアーはまるで合宿所。ホテルの敷地内だけで完結する試合&練習&食事の毎日<SMASH>
25歳でテニスを始め、32歳でプロになった市川誠一郎選手は、夢を追って海外のITF大会に挑み続ける。雑草プレーヤーが知られざる下部ツアーの実情を綴る転戦記。  *  *  * 前回紹介したように、世界には毎週のようにITFツアーが開催される場所が数か所あります。そのなかでも、チュニジアは1年を通じて...
別窓で開く

全てのグランドスラムで80勝以上を挙げる史上初の快挙を達成したジョコビッチ「次は100勝を目指そう」<SMASH>
テニス四大大会「ウインブルドン」は大会初日の現地6月27日に男子シングルス1回戦が行なわれ、センターコートの第1試合に同大会3連覇中のノバク・ジョコビッチ(セルビア/世界ランク3位)が登場。クォン・スンウ(韓国/同81位)を6−3、3−6、6−3、6−4で下し、2回戦へ駒を進めた。...
別窓で開く


[ シング smash ] の関連キーワード

ウクライナ チュニジア smash マリー ジミー