本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「もっと騒がしくなると思っていた」シモンズが初のフィリー凱旋を回想。ブーイングは「永遠に続くと思う」<DUNKSHOOT>
現地時間11月22日、ペンシルバニア州フィラデルフィアのウェルズ・ファーゴ・センターでフィラデルフィア・セブンティシクサーズとブルックリン・ネッツの一戦が行なわれた。 この試合、シクサーズはジョエル・エンビード、ジェームズ・ハーデン、タイリース・マキシーが欠場。...
別窓で開く

【NBA】八村塁がキャリア通算2000得点!シクサーズ相手に10得点、10リバウンドのダブルダブルで連敗ストップに貢献<DUNKSHOOT>
3連敗中のワシントン・ウィザーズは現地時間11月2日、ペンシルバニア州のウェルズ・ファーゴ・センターでフィラデルフィア・セブンティシクサーズと対戦した。 10月31日にホームでシクサーズに敗れていたウィザーズのスタートは、モンテ・モリス、ブラッドリー・ビール、アンソニー・ギル、カイル・クーズマ、クリ...
別窓で開く

大型トレード後最初の対戦でネッツが76ersに大勝!シモンズへの“敵意”を力に変えたデュラントとアービングが計47得点<DUNKSHOOT>
現地時間3月10日、ペンシルバニア州のウェルズ・ファーゴ・センターにて、フィラデルフィア・76ers(セブンティシクサーズ)とブルックリン・ネッツが激突。ネッツがホームのシクサーズを129−100で一蹴した。 両チームは2月10日のトレード・デッドラインに大型トレードを敢行。...
別窓で開く

チェンバレンの“100点ゲーム”の舞台裏。いくつかの条件が重なり、歴史的大偉業が成し遂げられた【NBA秘話|後編】<DUNKSHOOT>
■前人未踏の1試合100得点を可能にした下手投げフリースロー いくら怪物チェンバレンといえども、1試合100点という大量得点は、狙って取れるものではなかった。その証拠に、自身2番目の得点記録は78点(トリプルオーバータイム)、3番目以降は73点(2度記録)、72点、70点と続く。...
別窓で開く

“常識を超える”チェンバレンの豪快伝説——高校在学時に偽名を使い、プロ相手に平均54点【NBA秘話|前編】<DUNKSHOOT>
2021年1月号の『ダンクシュート』誌で、マイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)とレブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)を徹底比較する企画を掲載した。しかし、ほんの10年ほど前までは、“史上最強”を巡る論争でジョーダンと比較される対象は別の人物だった。 ウィル...
別窓で開く


<前へ1次へ>