本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



日本でベストセラーとなったビジネス書『両利きの経営—「二兎を追う」戦略が未来を切り拓く』の増幅改訂版が6月24日に発売された。著者の一人であるスタンフォード大学経営大学院のチャールズ・オライリー教授は、同校の授業でNECやAGCの事例を教えている。スタンフォードの学生たちは日本の長寿企業の改革をどう...
別窓で開く

スタンフォード大学・オンラインハイスクールはオンラインにもかかわらず、全米トップ10の常連で、2020年は全米の大学進学校1位となった。世界最高峰の中1から高3の天才児、計900人(30ヵ国)がリアルタイムのオンラインセミナーで学んでいる。そのトップがオンライン教育の世界的リーダーでもある星友啓校長...
別窓で開く

「日本がweb3の中心に返り咲くチャンスは残されている」—事業家や国会議員が「web3立国」に向けて議論【THE NEW CONTEXT CONFERENCE 2022】
 デジタルガレージとDG Labは6月14日、「web3 Summer Gathering 〜未来からのテクノロジーの波をサーフしろ〜」をテーマに掲げたカンファレンス「THE NEW CONTEXT CONFERENCE 2022」を都...
別窓で開く

GAFAMのターゲットはZ世代。「考える力」が奪われる「スマホ脳」的な現象を食い止める方法はあるのか。『人新世の「資本論」』(集英社新書)の著者・斎藤幸平氏と『デジタル・ファシズム』(NHK出版新書)の著者・堤未果氏、ベストセラーの著者二人が、日本の近未来を展望する——。(後編/全2回)■GAFAM...
別窓で開く

コロナ禍を経て急速に前に進みだした日本のDX。そこには日本人がまだ気づいていない「落とし穴」がある。『人新世の「資本論」』(集英社新書)の著者・斎藤幸平氏と、『デジタル・ファシズム』(NHK出版新書)の著者・堤未果氏、ベストセラーの著者二人が、GAFAM支配の資本主義の危うさと、日本の近未来の関係に...
別窓で開く

スタンフォード大学・オンラインハイスクールはオンラインにもかかわらず、全米トップ10の常連で、2020年は全米の大学進学校1位となった。世界最高峰の中1から高3の天才児、計900人(30ヵ国)がリアルタイムのオンラインセミナーで学んでいる。そのトップがオンライン教育の世界的リーダーでもある星友啓校長...
別窓で開く

「太平洋を渡るLCC」さらに進撃! JALの国際線LCC「ZIPAIR」サンノゼ線開設へ 12月から
ロサンゼルスに次ぐ米本土線、渋いチョイスです…。秋ごろに航空券発売へ JAL(日本航空)グループの国際線中長距離LCC(格安航空会社)、ZIPAIRが2022年12月に成田〜サンノゼ線を就航させる予定です。 2021年成田〜ロサンゼルス線の開設で初めて「太平洋を渡るLCC」となったZIPAIRにとっ...
別窓で開く

「慰安婦」「徴用工」を伝説の外交官はどう考えていたか
 廬武鉉(ノムヒョン)大統領の登場以降、日韓関係は冷却化の一途をたどってきた。国と国が激しく対立するケースは、歴史上めずらしいことではなく、中にはほとんど修復の可能性がないとみられる関係もある。しかし、外交官、岡本行夫氏は「日韓関係の修復は不可能ではない」と見ている。韓国で5年ぶりの保守政権が発足し...
別窓で開く

【日韓関係】ゴールポストが次々に移動する 日韓関係悪化と韓国メディアの責任
 韓国で5年ぶりの保守政権が発足して1カ月。新大統領の尹錫悦(ユンソンニョル)氏は、外交政策を大幅に修正しつつある。ゴールポストが次々に動かされ続けてきた日韓関係の正常化は果たして可能なのか。日本外交の大きな課題について、『危機の外交 岡本行夫自伝』から2回に分けて紹介する。...
別窓で開く

「チクショー、やりやがったな」 伝説の外交官が明かす “電話盗聴も当たり前”の「外交官」という仕事
■職務は「国会答弁」から「アメリカ空軍の交通整理」まで 在日米軍が演習を行うために、日本政府の協力が必要になるときがある。たとえば、日本国内のいろいろな米軍基地から集まってくる米軍機のために空域調整(日本の民間航空機との交通整理)が必要になる場合だ。そういうときは、外務省が日本政府の窓口となり、所管...
別窓で開く



<前へ123456次へ>