本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



GAFAMのターゲットはZ世代。「考える力」が奪われる「スマホ脳」的な現象を食い止める方法はあるのか。『人新世の「資本論」』(集英社新書)の著者・斎藤幸平氏と『デジタル・ファシズム』(NHK出版新書)の著者・堤未果氏、ベストセラーの著者二人が、日本の近未来を展望する——。(後編/全2回)■GAFAM...
別窓で開く

“日米安保は不公平”なのか 最深部まで知る「伝説の外交官」が明かす交渉の舞台裏
 在日米軍の駐留経費は、日本とアメリカが分け合う形で負担している。円高になると、アメリカの支払額が多くなってしまうのが実情だ。しかし、本国の事情で追加出費を捻出しにくいという場合がある。 1986年がそうだった。プラザ合意による円高の急激な進行によって、労務費だけで300億円以上の追加出費が必要にな...
別窓で開く

「なぜ国産の戦闘機を作れないんですか」技術者の涙が語る、日本の国防の大問題
 日米首脳会談における岸田首相の発言を受けて、政府・与党は防衛費の増額に向けた調整に着手した。与野党からは「増額ありきではなく、必要額を積み上げた結果としての増額に」との声も出ている。では、日本にとって本当に必要な防衛費とは具体的にどのようなものなのか。それに対して現状はどうなっているのか。...
別窓で開く

中露につけこまれない日米関係を作るには 首脳同士の「作法と気概」
 ロシアのウクライナ侵攻を機に、首脳外交が活発化している。国家の関係を左右するのは、結局のところ、最高首脳同士の相性だ。 日米関係でいえば岸田文雄首相とジョー・バイデン大統領は足並みをそろえたが、過去にも中曽根康弘首相とロナルド・レーガン大統領、小泉純一郎首相とジョージ・W・ブッシュ大統領、安倍晋三...
別窓で開く

日本のホスピタリティーをチャットボットに埋め込んで——綱川明美(ビースポーク社長)【佐藤優の頂上対決】
 空港や駅、ホテルなどで生じる旅行者のさまざまな問い合わせに、AIを使って「多言語自動応対」で答える仕組みを作り上げたビースポーク。旅行の穴場サイトから始まった同社は5年ほどで世界中から注目を浴びるに至ったが、そのサービスの核心にあったのは、日本ならではの「丁寧な受け答え」だった。...
別窓で開く

【スタバ】ハートモチーフが可愛すぎる「バレンタイングッズ」今年も人気
スターバックス(Starbucks)は、1971年にアメリカのワシントン州シアトルで開業したコーヒーチェーン店です。いまでは世界規模で展開しており、「シアトル系コーヒーの元祖」ともいわれています。日本ではスターバックスコーヒージャパン株式会社が運営し、若者を中心に高い人気を誇っています。...
別窓で開く

【スタバ】「黒猫ハロウィングッズ」この時期だけの限定で早くも売切の予感
スターバックス(Starbucks)は、1971年にアメリカのワシントン州シアトルで開業したコーヒーチェーン店です。いまでは世界規模で展開しており、「シアトル系コーヒーの元祖」ともいわれています。日本ではスターバックスコーヒージャパン株式会社が運営し、若者を中心に高い人気を誇っています。...
別窓で開く

習主席「科学技術の開放・協力」を強調…米による「中国排除」をけん制
習近平中国国家主席は「経済回復が深刻な挑戦に直面している」とし「世界各国は、科学技術の開放性と協力を一層強化すべきだ」と語ったと、中国官営“新華社通信”がきょう(25日)報道した。習主席は前日北京で開幕した “2021中関村(中国版シリコンバレー)フォーラム”に送ったビデオでの祝辞を通じて「世界で1...
別窓で開く

錦織圭、西岡良仁、内山靖崇がワシントンの初日に登場!【8月2日からの大会・放映・配信予定】<SMASH>
8月2日からの週は、男子が1大会、女子が2大会開催される。 日本人男子選手は、錦織圭、西岡良仁、内山靖崇がアメリカのワシントンで開催される『シティー・オープン』に出場し、3名とも1回戦が初日に組まれた。 1回戦の対戦は、錦織がサム・クエリー(アメリカ)との顔合わせとなり、過去の戦績は錦織から6勝4敗...
別窓で開く

諸刃の剣を振りかざすアメリカとIT巨人GAFAM+Nとの戦い (1)
 諸刃(両刃)の剣とは「非常に役に立つが、一方では大きな被害を与える危険性もあること」のたとえであるが、ついにアメリカが諸刃の剣をIT巨人であるGAFAM+N(Google、Amazon、Facebook、Apple、MicrosoftにNetflixを加えた総称とする)の喉元に突きつけようとしてい...
別窓で開く


<前へ12次へ>