本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



Netflix、Spotify、Adobe……数々の企業を成功に導いた凄腕コンサルタント、ハミルトン・ヘルマー。彼が著した経営戦略の指南書『7 POWERS』はシリコンバレーの起業家たちの間で経営の教科書として密かに読み継がれてきた。アメリカで私家版的に刊行されたため、日本ではごく一部のトップビジネ...
別窓で開く

グーグルら「日本リスキリングコンソーシアム」発足 官民一体でデジタル人材育成へ200超の講座を提供
グーグル日本法人や総務省などは16日、転職などの職場変化に応じたデジタルスキルを身につける「リスキリング」に官民一体で取り組む共同事業体「日本リスキリングコンソーシアム」を発足し、都内で記者発表会を行った。 リスキリングとは、職業能力の再開発・再教育などを意味し、特にデジタルスキルを身につけることが...
別窓で開く

【追悼】「ソニーを復活させた男」出井伸之の功績、過去には“世界のワースト経営者”と酷評されたことも
 元ソニーCEOで、日本を代表する経営者の出井伸之さんが2022年6月2日、東京都内の病院にて肝不全で亡くなったことがわかった。84歳だった。 かつて「世界のワースト経営者」とも評されるなど毀誉褒貶の激しい出井氏だったが、純利益初の1兆円超えるなど“今のソニーの成功”は彼がCEO時代に蒔いた種が実っ...
別窓で開く

<純利益初の1兆円超え>「失墜したソニーを復活させた男」の正体、過去には「世界のワースト経営者」と酷評されたことも
「(ソニーも)変化しなければ、隕石で滅んだ恐竜のようになってしまう」 そんな危機感から、同社のビジネスを製造業からデジタルにシフトしたのが、元ソニーCEO・出井伸之氏。今ではデジタルのような「無形資産」で儲けることは当たり前になったが、出井氏が社長に就任した1990年代はまだ夢のような、にわかに信じ...
別窓で開く

ポストコロナにおいて経済復興を担う存在として大きく注目が集まる、スタートアップ企業。成功するための王道パターンというのは果たして存在するのだろうか?シリコンバレーのベンチャーキャピタルData Collective(DCVC)社でパートナーを務めるアリ・タマセブ氏の著書『スーパーファウンダーズ 優れ...
別窓で開く

いよいよ4月から、高校でも「資産形成」や「投資」の授業が始まった。★Amazon.com「1600以上の読者評価、星5つ中の4.6の高評価」★Amazon.com「Children's Moneyジャンルベスト10の常連」★ベストセラー『生涯投資家』村上世彰氏絶賛『13歳からの億万長者入門──1万円...
別窓で開く

5年で4倍に成長した「グローバルAIファンド」、今後の成長を左右するAI産業の未来は明るいのか?
 三井住友DSアセットマネジメントが設定・運用する「グローバルAIファンド」の基準価額が再び4万円の大台をクリアして設定来の最高を更新しようとしている。2021年10月末まで年初から14.04%増と、20年の年間86.90%のトータルリターンに続いて好調を維持している。...
別窓で開く

「グローバルAIファンド」基準価額4万円への挑戦! 次世代担う投資候補銘柄を聞く
 三井住友DSアセットマネジメントが設定・運用する「グローバルAIファンド」は、7月末時点で過去1カ月間のリターンがプラス10.15%、過去3カ月ではプラス34.09%と非常に高いパフォーマンスになっている。2016年9月の設定から、4年足らずで基準価額は2万3000円を超えた。...
別窓で開く


<前へ1次へ>