本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



69歳・プーチンに忍び寄る「寿命」ロシア政府が「健康不安説」打ち消しに躍起の意味
 ロシアのペスコフ大統領報道官は7月21日、プーチン大統領の健康状態は良好だとし、「健康不安説」を否定した。 プーチン氏についてはこれまで、幾度となく健康不安説が浮上していた。ウクライナ情報機関トップは英メディアで、「がんを患っている」と発言。露政権に近いとされるオリガルヒ(新興寡占資本家)からも同...
別窓で開く

「プーチン、昨日もアイスホッケーした」健康異常説に反論
ロシアのプーチン大統領の健康異常説が日増しにささやかれる中、ロシア政府はプーチン大統領がアイスホッケーをするなど定期的に運動をしており、非常に健康だと主張した。22日(現地時間)米NBC放送によると、ロシアのペスコフ報道官はNBC放送とのインタビューでプーチン大統領の健康異常説を否定した。...
別窓で開く

ウクライナ戦争の報道でよく聞く「戦時国際法」って何?
ロシア軍のウクライナ侵攻のニュースでたびたび耳にするワード「戦時国際法」。でもイマイチその内容はわからないという人は多いはず。ということで、その戦時国際法をひもといてみたら、プーチンがこの戦争の終結後にどうするのか、どうなるのかがうっすらと見えてきた——。* * *■戦争における最低限のルールロシア...
別窓で開く

ロシア、クリミア半島と本土の陸路再建、ウクライナ南部統制権強まる
ロシアがウクライナ南部のクリミア半島から本土につながる陸路を再建したと明らかにした。ウクライナ南東部地域に対するロシアの支配力を一層強めたと見られる。8日(現地時間)、ニューヨークタイムズ(NYT)によると、ロシアのセルゲイ・ショイグ国防相は前日、「ロシア軍がロシア国営鉄道企業と協力し、ウクライナ南...
別窓で開く

ウクライナ情勢は「今日が勝負」 中村逸郎教授が読む今後の見通し
ロシア政治が専門の筑波学院大学・中村逸郎教授が6月8日(水)、ニッポン放送『辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!』に出演。今後のウクライナ情勢の見通しについて「今日が勝負」と述べた。...
別窓で開く

プーチンの「核攻撃」指令がクーデターの引き金に? 腹水手術の真偽は
 対独戦勝記念日にプーチンは“勝利”を誇示するどころか、弱々しい姿を全世界にさらした。本来、秘匿されるべき大統領の健康に関する情報が漏れ、クーデターが本格的に取沙汰されるのも、政権がいよいよ末期的様相を呈しているからなのか。 *** もはや、ほころびは繕えないレベルに達しつつある。...
別窓で開く

「プーチン闘病説」はなぜ急速に広まったのか? プロパガンダ戦で敗れたロシア、勝利したウクライナの差
 ウクライナ侵攻が始まって間もない頃に、各メディアから流れてきたのがプーチン氏の「精神状態」をめぐる報道だ。「プーチンはパーキンソン病の可能性がある」「がんで闘病している」という情報も、まだ記憶に新しい人も多いだろう。 国家の要人の健康状態は最高機密情報にもかかわらず、なぜそれが流布したのか? 国際...
別窓で開く

露国防副大臣の甥・カムホエフ空挺部隊司令官が宇で死亡 露政権幹部の親族で初の死亡者
ロシア国防省幹部の甥がウクライナで戦死したことが分かった。ロシアのウクライナ侵攻後、プーチン政権高官の親族が戦死したのはこれが初めてだ。ウクリンフォルム(21日)はロシア・イングーシのメディア報道をもとに、ロシア国防省のセルゲイ・ショイグ大臣の右腕とされる人物の甥が、ウクライナ軍に殺害されたと報じた...
別窓で開く

北欧2カ国のNATO加盟を妨害するトルコが自らの地雷で自爆 クルド弾圧は続けつつも、ミニ・プーチン化の孤立リスクは回避
 2022年5月、世界史が動き出したスウェーデン・フィンランドのNATO(北大西洋条約機構)加盟を深掘りしてみましょう。 スカンジナビアの2か国によるNATO加盟申請への動きに対して、5月14日にベルリンで開かれたNATO外相会合でトルコの「チャブシオール外相」がスウェーデンのリンデ外相に声を荒らげ...
別窓で開く

ロシアの侵攻、自衛隊が教訓とすべき点は? 元陸自トップ語る 祖国を守るキーポイント
長期化しつつあるロシアとウクライナの戦闘。まぜロシアはそこまで手こずっているのか、そして自衛隊が教訓とすべき点はどこにあるのか、陸上自衛隊のトップを務めたOBに話を聞きました。ロシアが採ったウクライナ侵攻のやり方 2022年2月24日に始まったロシアのウクライナ侵略は、長期化の様相を呈しています。...
別窓で開く


[ ショイグ ウクライナ ] の関連キーワード

クリミア半島 ウクライナ プーチン ロシア トルコ
クルド 自衛隊

<前へ123次へ>