本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



なぜ甲府は天皇杯で優勝できたのか。広島DFの言葉にジャイアントキリングの要因が凝縮されていた
[天皇杯決勝]甲府1(5PK4)1広島/10月16日/日産スタジアム ビッグサプライズである。J2のヴァンフォーレ甲府は、天皇杯でJ1クラブに5連勝を飾り、見事に優勝を果たした。北海道コンサドーレ札幌(2−1)、サガン鳥栖(3−1)、アビスパ福岡(2−1)、鹿島アントラーズ(1−0)を退け、決勝戦で...
別窓で開く

「J2のレベルの高さを見せられた」天皇杯制覇の甲府FW三平和司が強調した“リーグのプライド”。先制点は「練習通りだった」
[天皇杯決勝]甲府1(5PK4)1広島/10月16日/日産スタジアム J2のヴァンフォーレ甲府がクラブ史上初の天皇杯王者に輝いた。 決勝はPK戦にまで突入する激闘となった。甲府は26分に左CKを獲得すると、キッカーの長谷川元希はショートコーナーを選択。ペナルティエリア左で受けた荒木翔の折り返しに、ゴ...
別窓で開く

最後の最後まで“三平らしさ”全開! トロフィーリフトで会場沸かせる「笑いが取れたことはもっと嬉しい(笑)」
ヴァンフォーレ甲府がクラブ史上初の天皇杯優勝を成し遂げた。1トップのポジションで先発出場し、貴重なゴールを挙げたFW三平和司は「J2の他のチームが勇気をもらえたかどうかはわからないですけど、J2を代表して出場して優勝できた。J2もレベルが高いぞというところを見せられた」と胸を張った。...
別窓で開く

甲府、PK戦に及ぶ死闘を制し天皇杯を初制覇! 広島を退けJ2勢として11大会ぶりの優勝飾る
天皇杯 JFA 第102回全日本サッカー選手権大会・決勝が16日に行われ、ヴァンフォーレ甲府とサンフレッチェ広島が対戦した。 3回戦から4試合連続でJ1クラブを撃破し決勝進出を果たした甲府。初の決勝進出で、2011年度のFC東京以来となるJ2勢の優勝を狙う。一方、9大会ぶりの決勝進出となった広島。...
別窓で開く

J2甲府が初の天皇杯制覇! 120分で決着つかずPK戦の末に広島を撃破、J1勢5チームを下してタイトル獲得
 天皇杯の決勝が10月16日に日産スタジアムで行なわれ、J2ヴァンフォーレ甲府とJ1サンフレッチェ広島が激突。甲府が1−1で突入したPK戦を5−4で制し、頂点に輝いた。 大会初優勝を目ざす両者の一戦。札幌、鳥栖、福岡、鹿島とJ1勢4チームを撃破し勝ち上がった甲府はクラブ史上初、広島は9大会ぶり6度目...
別窓で開く

「崩しうっっっっま」天皇杯決勝、ヴァンフォーレ三平の先制弾が反響!「すげー完璧にセットされてるわ」
 天皇杯の決勝戦が10月16日、日産スタジアムで開催。ヴァンフォーレ甲府対サンフレッチェ広島の一戦で、甲府の三平和司が26分に先制点を挙げた。 左サイドでCKを得た甲府は、ショートコーナーからキッカーの長谷川元希に戻す。ここで荒木翔が走り込み、ディフェンスラインの裏を取りボールを受ける。荒木が折り返...
別窓で開く

 10月16日に天皇杯決勝、甲府対広島の一戦が日産スタジアムで開催。試合に先立ち、両チームのスターティングメンバーが発表された。 J1で3位につけ、ルヴァンカップでも決勝に進出している広島は、6度目のファイナルに臨む。過去5回の決勝戦ではすべて敗れており、悲願の初戴冠を目ざす。...
別窓で開く

【番記者コラム】 “王国・清水”のプライドが砕かれたJ2降格。二度と同じ過ちを起こさないために——
 1993年のJリーグ初年度から加盟しているクラブはオリジナル10と呼ばれ、清水エスパルスはその中で唯一、母体が実業団ではない。いわゆる市民クラブだ。そんな清水のJ参戦28年という長い歴史の中で、ふたつの大きな事件があった。 ひとつは97年末に20億円を超える負債が表面化した経営危機だ。...
別窓で開く


<前へ1次へ>