本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ドンチッチが“スーパースター補強案”を否定「僕はそうは思わない。僕らは最高のチームなんだ」<DUNKSHOOT>
現地時間9月22日、ダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチが米国スポーツ専門局『ESPN』の番組『NBA Today』に出演。自軍への想いを語った。 昨季にマブズを11年ぶりのカンファレンス・ファイナルへ導いた23歳のスーパースターは、今夏スロベニア代表のエースとしてFIBAユーロバスケット(欧州...
別窓で開く

カリーが観る者の心を掴むのはなぜ? NBAアナリストが力説「子どもはシャックやレブロンにはない感情移入ができる」<DUNKSHOOT>
ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは、1シーズン402本、通算3117本など3ポイントに関する数々の金字塔を打ち立て、バスケットボールの常識を根底から覆した稀代のシューターとしてNBA史に名を刻んでいる。...
別窓で開く

「俺は最も支配的な選手、彼は史上最高になることに取り憑かれていた」シャックが元相棒コビーとの関係を回想<DUNKSHOOT>
現地時間9月13日に公開されたポッドキャスト番組『Patrick Bet-David Podcast』へ、シャックことシャキール・オニール(元ロサンゼルス・レイカーズほか)がゲスト出演した。 シャックは216㎝・147㎏という巨体を武器にNBAで19シーズンをプレーしてキャリア平均23.7点、10....
別窓で開く

「攻撃を牽引している点は高く評価できる」ヘタフェ戦では沈黙も、久保建英の開幕1か月をソシエダ番記者は称賛!「残念なのが…」【現地発】
 ジョン・トシャックは、レアル・ソシエダの歴史において最も重要な監督の1人だ。1980年代前半にラ・リーガ連覇を果たし黄金時代を経たチームの新たな牽引役となった手腕だけでなく、カリスマ性に溢れる特異なキャラクターでも注目を集めた。 そんな彼の個性を際立たせていたのが、英語のことわざや慣用句をそのまま...
別窓で開く

大谷翔平の活躍で注目を集めるMLBのMVP争い。NBAの過去30年で最も僅差だったシーズンは?<DUNKSHOOT>
調子を上げる大谷翔平の活躍とともに、日々注目が高まっているMLBのMVP争い。ホームランランキングを独走するアーロン・ジャッジとの熾烈なレースが展開されており、最後は投票権を持つ各識者の1票に委ねられることになりそうだ。 その年最高の選手を意味するMVP争いは、同じアメリカンスポーツのバスケットボー...
別窓で開く

オコエ桃仁花、人種差別的な誹謗中傷を訴える! リアルな“ヘイト発言”に泰然と対応「心が麻痺するくらいなれたよ」
9月7日、バスケットボール女子日本代表のオコエ桃仁花が、自身のインスタグラムのストーリー機能を使用し、人種差別的な誹謗中傷の被害を訴えた。 ナイジェリア出身の父と日本人の母の間に生まれたオコエは、昨夏の東京五輪で一大ムーブメントを巻き起こした日本代表の一員として銀メダル獲得に貢献。そんな彼女は、とあ...
別窓で開く

「ゴールデンステイトでは一番前の席に座っていただけ」デュラントの経歴を名手シャックが一刀両断「勝つだけではダメ」<DUNKSHOOT>
ブルックリン・ネッツのケビン・デュラントは、現在NBAを代表するスーパースターなのは誰もが認めるところだろう。しかし、最終的にネッツ残留の運びになったとはいえ、今夏にはチームにトレードを要求して、その振る舞いは大きな波紋を呼んだ。 これまで経験した2度のリーグ優勝も、オクラホマシティ・サンダーから強...
別窓で開く

名手シャックが“犬猿の仲”であるモーニングに謝罪した過去を告白「俺が偽善者だった。彼が最高なんて知らなかった」<DUNKSHOOT>
1992年のドラフトでオーランド・マジックから全体1位指名を受けたシャックことシャキール・オニール。彼がNBA入りした当時は、アキーム・オラジュワン(元ヒューストン・ロケッツほか)、デイビッド・ロビンソン(元サンアントニオ・スパーズ)、パトリック・ユーイング(元ニューヨーク・ニックスほか)といった歴...
別窓で開く

シャックが大学の後輩シモンズへエール「彼が新たなレベルへ達することを願っている」<DUNKSHOOT>
現地時間8月24日、NBAレジェンドのシャキール・オニール(元ロサンゼルス・レイカーズほか)が、オーストラリアのメディア『Sunrise』のインタビューに応じた。 1992年のドラフト全体1位でNBA入りしたシャックは、キャリア19シーズンで新人王を皮切りに得点王2回、シーズンMVP1回、3度のファ...
別窓で開く

レイカーズのレジェンドがカリーを絶賛「彼をダンカン、コビー、シャックと同じカテゴリーに入れる」<DUNKSHOOT>
現地時間8月15日、米専門メディア『Inside The Warriors』にNBA制覇5回を誇るデレック・フィッシャー(元ロサンゼルス・レイカーズほか)のインタビューが公開された。 フィッシャーはキャリア18年のうち、レイカーズで12年半をプレーしたポイントガード。...
別窓で開く


[ シャック ] の関連キーワード

dunkshoot レブロン ダンカン nba ヘイト